セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ほうれん草のトルティージャ

ほうれん草とじゃがいものスペイン風オムレツ

ほうれん草のトルティージャ

ポテトの次に人気のほうれん草のトルティージャ(Tortilla de Espinacas)。バルの定番メニューです。ほうれん草だけだとあっさりとした仕上がりになるので、旨みの出る食材を少し加えるのがポイントです。

材料

【4人分】直径18cmフライパン使用

  • 卵……3個
  • ほうれん草……2束(250g)
  • じゃがいも……1個
  • マッシュルーム……4個
  • オリーブオイル……大さじ3
  • にんにく……1片
  • 塩・こしょう……適量

作り方

ほうれん草のトルティージャの作り方手順

  1. ほうれん草はゆでて、3cmの長さに切っておく。じゃがいもとマッシュルームは細切りにする。
  2. フライパン(26cm)にオリーブオイル大さじ2を入れ、じゃがいもとマッシュルームを炒め、蓋をして弱火でじっくりと蒸し焼きにする。
  3. じゃがいもが柔らかくなったら、ほうれん草を入れて、塩・こしょうで味付けする。
  4. ボウルに卵を割りほぐし、炒めた具をいれる。
  5. フライパン(18cm)にオリーブオイル大さじ1を入れ、にんにくを揚げるようにして香りを移し、取り出す。
  6. 具を入れた卵液を一気に流し込み、ふちが固まりそうになったら、ざっとかきまわすこと2~3回。
  7. 全体がゆるい半熟状態になったら、お皿を利用してひっくりかえし、ときどきフライパンを円を描くようにまわして、オムレツのふちを丸くし、さらに3~4回ひっくり返して両面を焼く。

ポイント&ヒント

ほうれん草の他に加えるものとしては、ベーコンやウインナソーセージなど肉加工品、松の実などのナッツ、きのこ類など旨みの出る食材。パプリカや人参など彩りのよい野菜を少し加えるのも、切り口が映えて食欲をそそります。

ほうれん草のトルティージャ

これはほうれん草、じゃがいも、エリンギのトルティージャ。少し焼きすぎですね。

こちらはほうれん草、じゃがいも、白舞茸、ベーコン、松の実で作ったトルティージャです。四角く切ってピンチョスに…。

アリオリソースを添えて

あっさり味になったトルティージャには、マヨネーズにおろしにんにくを混ぜた即席アリオリソースを付けて食べるとまた違ったおいしさです。ほかの変わりマヨネーズソースも面白いですね。

  • マヨネーズ+お醤油
  • マヨネーズ+ケチャップ(or ウスターソース)
  • マヨネーズ+からし(or わさび)

スポンサーリンク

トルティージャのフライパン

トルティージャは小ぶりのフライパンで作ると形が決まります。直径18cmくらい。

フライパンのふちは広がっているものより、丸みを帯びた形状のほうが作りやすく、バランスよくひっくり返すためにも柄がしっかりしていて握りやすいものがベスト。

18cmアルミフライパン

ちなみに、現在使っているのがDorisのアルミフライパン18cmです。(作り方写真に写っているものです)

ためしに20cmフライパンを使ってみたのですが、このレシピの分量では厚みが出なかったので、やっぱり18cm。(材料の分量を増やせばいいという話でもありますが……)

このフライパンは安定感があって使いやすく気に入っています。少量の炒め物や揚げ物にも便利です。

Doris ドリス アルミフライパン 18cm(楽天市場)

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク