セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

イノベーターの椅子がまた買える!

2019年9月17日 更新 2007年3月 公開

innovator/イノベーター キャプテンチェア2019 NEWモデル グレーフレームベージュ

スウェーデン家具ならではの機能的なデザインと快適構造で定評のあるイノベーターの椅子。フレームのスチールパイプと座面・背面のファブリックを組み合わせたチェアーは、ファブリックを交換すれば長く使うことができます。

日本での販売は、一時保留になっていたのですが、また販売されているようです。今はもう使っていないのですが、使っていた頃のことなど少し…。

フレックスチェア

これはイノベーターの椅子「フレックスチェア」です。2007年に作業用デスクの椅子としてネットから購入しました。

ダイニングのテーブルと椅子もイノベーターで揃えていたので、座り心地を確かめなくとも、ネットでの注文に不安はありませんでした。

予想どおり、組み立て式ながら、座り心地は快適。カバーは布製でしたので、古びてきたら取り替えようと思っていました。

だいたいイノベーターの椅子やソファは、布製にしろ革製にしろカバーが取り替えられるのが魅力なんですよね。

ボカードカフェ

ちなみにこれが長年使っていたイノベーター・ボガートカフェ (キャスター付き)レザーです。(写真が小さくてすみません)これも組み立て式。10年以上たっても古さを感じさせず、しっかりしていて、座り心地抜群。革の感触が気持ちよく、手入れも簡単でお気に入りでした。

ところが、なんとカバー交換をしたくなった頃、輸入販売されていた会社がなくなると同時に、日本での販売は保留状態に…。

そこで我が家ではイノベーターをあきらめ、ダイニングの椅子はかねてより気になっていたセブンチェアに、フレックスチェアは座面がくたびれた段階で処分しました。

セブンチェアはすごく気に入ってはいるのですが、ゆったりと寛ぐことにも重点を置くとすれば、イノベーターのほうに軍配が上がります。

ああ、もうイノベーターの椅子は日本では買えないのか…となかば諦めていたところ、なんと通信販売のディノスオンラインショップで取り扱っているではないですか。

たとえばこんなアイテム

innovator/イノベーター キャプテンチェアHERITAGEモデル 人工皮革メッキフレームブラック

時代を超えて愛される機能的なシンプルデザインチェアー103のレザー(人工皮革)張りモデルです。1976年発売以来、変わらないスタイルで人気の一脚。キャスター付きでリビングダイニングの他にオフィス用にも使えます。人工皮革は本物のレザーのような上質な見た目と手触りが楽しめ、汚れてもサッと拭き取るだけでお手入れも簡単。張地はブラック・ブラウンの2色。フレームもホワイト・ブラックがあります。

innovator/イノベーター キャプテンチェアHERITAGEモデル ホワイトフレームレッド

ホワイトフレームもあります。

innovator イノベーター 103 替えカバー&替えクッション3点セットレッド

103チェアーの替えカバーと替えクッションのセットです。交換用カバーのみでチェア本体のフレームは付属していません。インテリアに合わせてレッド・イエロー・グリーン・ブルー・ブラック・アイボリーの6色から選べます。カバーにはイタリアから輸入したファブリックを使用。リネン混の生地はリネン(麻)特有のざっくりとしたナチュラルな風合いと触り心地が魅力です。カバーを取り外してドライクリーニングが可能です。

innovator/イノベーター キャプテンチェアHERITAGEモデル メッキフレームレッド

機能的でシンプルなデザインで人気の「キャプテンチェア」。ヨットをイメージして「キャプテン(船長)」と名付けられたチェアです。座面にあしらわれた、船長の着るピーコートのレザーボタンを意識したヌメ革ボタンがアクセント。キャスター付きで家庭のリビングにもオフィス用の椅子としても使えます。交換用の張地とウレタンのセットもあります。張地は全10色。

innovator/イノベーター キャプテンチェア2019 NEWモデル ブラックフレームベージュ

1976年発売以来変わらぬ、機能的でシンプルなデザインで人気の「キャプテンチェア」。2019年、新たに北欧デザインを再解釈した新モデルが登場しました。

長く親しまれたフォルムはそのままに、カラーバリエーションを現代の北欧インテリアらしさを感じさせるペールトーンで。

次はソファーで

ま、現在はセブンチェアやアアルトのスツール60で、うちのダイニングの椅子事情はかなり満足度が高く、買い換えることは今のところありませんが、もしソファーなどを購入することになった際には、いの一番でイノベーターが候補に挙がることは間違いないです。

ああ、イノベーター。また販売されることになってよかった…。

そうそう、こんなロゴ入りのエコバッグやカレンダーを買うほどに、innovatorラブだったんですよね。この太字のロゴにも愛着があります。

■■■↑このページのTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク