セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ロスコン デ レジェス(王様のケーキ)

東方三賢人の日(1/6)に食べる王冠パン

ロスコン

スペインでは1月6日東方の三賢人(レジェス・マゴス Reyes Magos)の日に、王冠の形をした菓子パン「ロスコン・デ・レジェス」を食べます。パン屋さんで売っていて、パンの中にソプレサ(陶器の人形)が入っています。それに当たった人は幸運だ、王様だ、いや、ロスコン代を払うんだ等いろいろ言われています。

材料

【直径20cmのリングパン】

<パン生地>

  • 強力粉……100g
  • 薄力粉……50g
  • バター……30g
  • たまご……1個
  • グラニュー糖……大さじ1
  • 塩……小さじ1/4
  • ドライイースト……小さじ1
  • ぬるま湯……大さじ1
  • グラニュー糖……少々
  • オレンジジュース……大さじ1
  • 牛乳……大さじ2
  • ラム酒……小さじ1

<デコレーション>

  • トッピング用のチェリーやアンジェリカの砂糖漬け、オレンジピール、マーマレード、スライスアーモンド、ざらめ、など

作り方

ロスコン手順

  1. ぬるま湯大さじ1にドライイーストと砂糖ごく少量(小さじ1/8)を入れて10分ほど予備発酵させておく。
  2. 強力粉、薄力粉を混ぜてふるいにかけながらボールに入れ、グラニュー糖、塩、たまご(表面に塗る分として少量1/5程度は別に分けておく)、とかしバター、(1)、オレンジジュース、牛乳、ラム酒を入れてよく捏ねる。生地が手につかず、なめらかになるまで約15分。
  3. 乾燥しないようラップをして、ボールを40度ぐらいの湯せんにかけて、40~50分発酵させる(一次発酵)
  4. 2~3倍にふくらんだパン生地をガス抜きして、10分休ませた後、リング状にし、ソプレサがあれば、このとき忍ばせる。
  5. 砂糖漬けをのせ、さらに暖かいところで(オーブンに発酵機能がついていればそれで)40分発酵させる。(成形発酵)
  6. 2倍にふくらんだら、表面に卵液(別にとっておいたもの)をぬって、トッピングのスライスアーモンドやざらめを散らし、180度のオーブンで15~20分焼く。

ポイント&ヒント

ロスコン・デ・レジェスはパン屋さんで

スペインでは、家庭で手作りするよりも、近所のパン屋さんで買ってくることが多いそうです。レシピはお店によって少しずつ違い、必ずしもクリームが入っているわけではありません。(かつては入っていなかった)クリームも生クリーム、アーモンドクリーム、カスタードなど色々。

赤や緑のトッピングは王様の財宝

デコレーションも微妙に違いますが、色鮮やかな砂糖漬けやドライフルーツは必ずのっています。これは、王様の財宝(ルビーやエメラルド)などを表しているのだそうです。

クリームを挟む場合

水平に切って、その中に生クリームを詰めます。生クリームはさとう(大さじ1~2)を入れて八分立てにし、絞り出し袋にいれてのせるとうまくいきます。

この場合、ソプレサ(フェーブ)は生地にいれないで、クリームをはさむときに、 忍ばせるといいでしょう。

ロスコン

▲水平に切る

ロスコンクリーム入り

▲生クリームを絞り出す

ロスコンの断面

▲ 断面

ソプレサ(フェーブ)は幸運の印

フェーブ

パンの中に入れるソプレサは、フランスでいうところのフェーブ。大きさは1~2cmで陶器で出来ています。写真はフランスのフェーブです。

ソプレサは、生地をリングにするときに忍ばせます。人数分に切り分けたとき、ソプレサが入っていた人は1年間ラッキー! 紙で出来た金色の王冠をかぶって王様になります。

そら豆だった人は、アンラッキー。ロスコンをお店で買ってきた場合は、その代金を払うことになったり、罰ゲームがあったりします。

ロスコン断面

ロスコンとソプレサ

ソプレサは菓子材料店、もしくは自前で

ソプレサ(フェーブ)や王冠は菓子材料店で販売しています。その季節になると毎年新しい種類のソプレサ(フェーブ)が出て、コレクションしてる方もいるほどです。

楽天市場で販売されているフェーブや王冠

また、ソプレサは自分で気に入ったものを用意しても楽しいです。熱に強い陶器や金製の小物をアルミ箔で包んで忍ばせます。

ロスコンと鈴

▲以前いただいたロスコンには、お財布などにつける小さな鈴がアルミ箔にくるまれていました。

スポンサーリンク

王様のケーキ「ガレット・デ・ロワ」

フランスでは、ガレット・デ・ロワというパイ生地で作るものが有名ですが、南フランスにあたりになると、スペインと同じような菓子パン風のものになるようです。

また、スペインのクリスマスとお菓子については、「スペインのクリスマスと『3人の王様』」ページにまとめました。あわせてご覧いただけると嬉しいです。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク