セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

パン・コン・トマテ

カタルーニャのトマトパン「パン・トマカ」

パンコントマテ

スペインのなかでも、特にカタルーニャ地方で食べられているパンコントマテ(pan con tomate)は、パンににんにくと完熟トマトをこすりつけ、オリーブオイルと塩をふりかけたものです。酸味がきいて、さっぱりとした味わい。お好みで生ハムやチーズ、アンチョビなどをのせて…。

材料

  • バゲットパン……1本
  • トマト……1個
  • にんにく……1片
  • オリーブオイル……適量
  • 塩……適量

作り方

パンコントマテ手順

パンコントマテの生ハムのせ

  1. パンを切って、軽くトーストする。
  2. 焼いたパンの表面ににんにくを風味づけ程度にこすりつける。
  3. その上から半分に切ったトマトをしっかりとすり込む。
  4. オリーブオイルと塩をふる。

ポイント&ヒント

食パンで気軽に作ろう!

パンはバゲットやバタールなどが適していますが、ちょっと堅くなった食パンでも大丈夫。プレーンなものを使います。切り方は斜めでも縦でも自由です。表面を焼いておくと、トマトの果肉がすり込みやすくなります。外側パリパリ、表面しっとりの食感がたまりません。

パンコントマテを食パンで

食卓で自分で作る!

スペイン・カタルーニャの昔ながらのレストランやバルのなかには、パンコントマテを注文すると、パンと半分に切ったトマトが皿にのって出てくることがあります。テーブルには、塩・オリーブオイルなどが置いてあり、自分でトマトをパンにこすりつけ、塩やオリーブオイルをかけていただきます。

おうちでも、パンだけ焼いて、各人が好きなようにトマトをすり込んだり、オリーブオイルをかけて食べてもいいですね。トマトは小さめのミディトマトが便利です。

パンコントマテをテーブルで

パンコントマテ

トマトディップにしておいても…

パンコントマテとはちょっと違うものになりますが、トマトの皮をむいてすりおろし、おろしにんにく、オリーブオイル、塩を加え、トマトディップを作っておくのはいかがでしょう。ジャムのように、パンに塗っていただきます。

残ったトマトディップは、塩やお醤油などで味を濃くして、サラダドレッシングやソースに利用できます。

パンコントマテのジュレ

トマトジュレをぬって

スポンサーリンク

カタルーニャの料理「パン・コン・トマテ」

「パン・コン・トマテ(pan con tomate)」は、スペイン語で「パンとトマト」という意味。カタルーニャ語では「パン・トマカ(Pa amb tomàquet)」。

カタルーニャ独特の料理で、 スペインでも他の地方で「パンにトマトをぬって…」とオーダーすると、「カタルーニャ人だね」と言われるほど。

残り物の堅くなったパンの利用法のひとつで、トマトをこすりつけて柔らかくして食べたのが始まりだとか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク