セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ツナのピンチョス

バスク風オープンサンド

各種タパスを薄切りパンの上にのせたり、串にさしたものをピンチョス(Pintxos)といいます(ピンチョとは針、楊枝の意)。バスク地方のバル発祥のフィンガーフードです。具は何でもいいのですが、今回は2種類のツナディップをのせてみました。

材料

【2人分(2種×3個)】

  • ミニバゲットパン……1/2本
  • サニーレタス……2枚
  • ツナフレーク……1缶(80g)
  • アンチョビフィレ……3~4片
  • スタッフドオリーブ……6個
  • おろしにんにく……少々
  • プチトマト……3個
  • 卵……1個
  • 焼きパプリカ(またはピキージョ)……1/4個
  • マヨネーズ……小さじ1
  • 白こしょう……少々

作り方

ピンチョス 手順

  1. バゲットパンは1cmの厚さに切っておく。
  2. すり鉢に、あらく刻んだアンチョビ2片、オリーブ2個、おろしにんにく、ツナフレークを入れ、粘りがでるまでよくすりつぶし、ツナペーストを作る。(1/2に分け、残りは卵を混ぜる用にする)
  3. バゲットパンにサニーレタスを敷き、ツナペーストを盛ったら、その上から、楊枝に刺したオリーブ、アンチョビフィレ、ミニトマトを立てる。
  4. 残り1/2のツナペーストに、炒り卵、マヨネーズ、白こしょうを合わせて、よくすり混ぜる。
  5. バゲットパンにサニーレタスを敷き、(4)を盛ったら、その上から楊枝に刺したオリーブと焼きパプリカを立てる。

ポイント&ヒント

シーチキンはオイルごと使います。ノンオイルの場合は、オリーブオイルを少し加えるといいでしょう。

卵は、炒り卵ではなく、ゆで卵にして混ぜてもいいですね。

アンチョビを入れると、お酒のおつまみにはいいのですが、苦みや塩辛さがあるので、お子様向きではないかもしれません。アンチョビやにんにくを抜いて作ると、まろやかで食べやすくなります。

焼きパプリカの作り方(少量の場合)

赤パプリカ

パプリカ1個を1/4に切って、アルミホイルを敷いたグリルで皮が真っ黒になるまで焼き、そのままホイルに包んで3分ほど蒸らし、皮をむきます。

焼きパプリカは、おつまみの他、オイル煮やマリネ、煮込み料理など多くのスペイン料理に使われます。残ったら、ラップに包んで冷凍しておきましょう。次回、流水で解凍すれば、すぐに利用できます。

ピキージョ

「焼きパプリカ」ではなく、ピキージョならよりスペインぽくなります。ピキージョは、スペインの赤ピーマン(ピキージョ種)を炭火焼きにして薄皮をとり水煮にしたもので、輸入食材店などで販売されています。

【ピミエント・デル・ピキージョ】炭火焼赤ピーマンの水煮

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク