セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ミガス(パン炒め)

炒飯ならぬ、パン炒め

ミガス

残ったパンを利用して作る家庭料理「ミガス(migas)」です。「ミガス」とはパンのかけら、パンくずという意味。スペインでは、この料理専用のパンくず(migas)も販売されているほど。

通常はパンを細かくちぎってから、炒飯のように炒めます。これが思いの外おいしくて、びっくり。パンが具と油のうまみを吸ってよみがえるんです。ちょっとしたお酒のおつまみにもなりますよ。簡単なので、パンが余ったときはぜひトライしてみてくださいね。

材料

【1人分】

  • バゲットパン……10cm
  • 玉ねぎ……1/4個
  • 赤・緑ピーマン……各1/2個
  • ソーセージ……3本
  • にんにく……1片
  • オリーブオイル……大さじ2
  • パプリカパウダー……小さじ1
  • 塩・こしょう……少々
  • 卵……1個

作り方

ミガス手順

  1. にんにく、玉ねぎはみじん切り。赤・青ピーマン、ソーセージは1cm角に切る。
  2. パンの白い部分のみ、細かくちぎる。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れ、(1)(2)の順に炒め、パプリカパウダー、塩・こしょうで味をつける。このとき、少量の水をふりかけて炒めると、パンがふんわりとして、味もしみこみやすい。
  4. 器に盛って、多めの油で焼いた目玉焼きを添える。

ポイント&ヒント

パンは食パンでもできます。ソーセージはピリ辛のものがあれば、ベター。目玉焼きはお好みで添えてくださいね。

ごろごろミガス(応用レシピ)

ふだん作っているソーセージと野菜の炒めものに、パンを入れたお手軽なミガスもおすすめです。

パンを具材と同じ大きさに切って、一緒に調味&炒めるだけです。パンにソーセージや野菜の旨みが染みて、美味しいですよ。

パンを焼く手間も省けて一石二鳥。お好みでぴりっと辛みをきかせて…。

ミガス手順

▲ウインナーとピーマンとしめじの炒め物に、バゲットパンを入れた「ごろごろミガス」

アラゴンのミガス

ミガスはスペインのほか、ポルトガルやメキシコにもある料理。スペイン内でも地域によって多少異なるようです。

テレビを見ていましたら、アラゴン州のミガスが出てきました。フランスとの国境近くにあるピレネー山脈のふもとアラゴン州ハカ(Jaca)の5月第一金曜日のお祭り(Primer Viernes de Mayo)で、肉などとともに野外で作ってふるまわれていたのです。

炭火の上に中華鍋のような鉄鍋をセットし、その中に小さく刻んだソーセージやにんにく、野菜などを入れて仔羊の脂で揚げ、パンくずを入れて炒めて出来上がり。手でつまんで食べてました。スナック感覚でしょうか。

ミガスはもともと牛飼いの料理とか。この地のなじみ深い伝統料理なのでしょう。

(参考:NHKテレビ「旅するスペイン語」2016年11月30日オンエア 第9回「小さな町のお祭り騒ぎ」より)

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク