セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

すいかのガスパチョ

ほんのり甘いすいかの冷製スープ

スイカのガスパチョ

夏は冷たいスープ、ガスパチョがおいしいですよね。定番のトマトに飽きたら、スイカの冷製スープ(Sopa fría de sandía)はいかがでしょう。トマトやオリーブオイルが入るので、甘いだけじゃなく、こっくりとした深みのある味わいになります。パンと好相性です。

材料

【2人分】

  • スイカ……200g
  • トマト……50g
  • パン……1きれ(10g)
  • オリーブオイル……大さじ1~
  • にんにく……1/4片 
  • 塩……少々

作り方

スイカのガスパチョの作り方

  1. スイカの赤い部分はざく切りにして種をとり、トマトは皮をむき、種のとろりとした部分は別にとっておく。
  2. ミキサーに(1)を入れ、水でふやかし絞ったパン、オリーブオイル、すりおろしたにんにく、塩を入れて攪拌する。
  3. 味をみて、オリーブオイル、塩で味をととのえ、カップに入れて、オリーブオイルとトマトの種の部分を浮かべる。

ポイント&ヒント

調味料は少しずつ…

スイカは水分が多いので、水は一滴も加えません。すいかとトマトの割合は4:1くらい。甘みの少ないスイカはデザートよりガスパチョに向いていますね。

オリーブオイル、塩などの調味料は、最初少なめに入れて、好みで足していくようにします。特ににんにくはほんの少しでも効くのでちょっとずつ。塩もちびちび。オリーブオイルは大胆に。

パン

パンは食パンでもバゲットパンでも、残りもので。今回使っているのは、サンドイッチ用の薄いパン1枚です。

オリーブオイルは良質のものを…

オリーブオイルで味が決まります。良質のエキストラバージンオリーブオイルをつかってくださいね。

スポンサーリンク

パンを入れずとろみの少ないスイカのガスパチョ(4人分)

湯飲みに入れたすいかのガスパチョ

スイカのガスパチョが気に入ったので、さっそくホームパーティーでお披露目です。

今回は、パンを入れずとろみもあまりないタイプ。湯飲みでぐいっと飲めるようにしました。

【材料】4人分

  • スイカ……400g
  • トマト……80g
  • にんにくすりおろし……ちょびっと
  • オリーブオイル……大さじ2~
  • 塩……少々

【作り方】

スイカ、トマトとも皮をむいて、種をとっておきます。

おろしにんにくの量はこれぐらい。(1/2片分)

ミキサーに、オリーブオイルと塩を入れて、がーっとかき混ぜてできあがりです。

時間がたつと、水分と果実部分が分離しますが、飲む前にかき混ぜれば問題ありません。

湯飲みに入れてオリーブオイルを少したらします。

今回トマトの量が少なめでしたが、スイカの甘みが際立って、これもまた良し。

初めて味わったお客様の感想は「最初はスイカの味がするけど、途中からトマトのうまみが感じられてうまい」と。

ああ、よかった。お子様にも喜ばれますよ。

甘みが足りない「がっかりスイカ」に当たってしまったときこそ、スイカのガスパチョ日和。ぜひ、お試しくださいね。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク