セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

極細パスタの簡単フィデワ

海鮮焼きそばみたいな不思議なパスタパエリア

簡単フィデワ

極細パスタを炒めてから煮込むパスタパエリャ(フィデワ)です。少ない材料で簡単に本場の味に仕上がります。バルセロナで食べた思い出の味がやっと再現できました。フィデワを食べたことがある方もない方も、超お勧めのパスタパエリアです。

材料

【2人分】

  • 極細パスタ「フィデオ」……120g
  • にんにく……1片
  • 赤ピーマン……1個
  • シーフードミックス……120g
  • スープ(固形コンソメ1個をとかしたもの)……2カップ
  • パプリカパウダー……小さじ1/2
  • サフラン……ひとつまみ
  • オリーブオイル……大さじ3
  • 塩、こしょう……少々
  • パセリ……1/2枝

作り方

簡単フィデワ作り方手順

  1. 赤ピーマンは2cm長さの細切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れ、にんにくを炒めて香りづけをしたら、(1)とシーフードミックスを炒めて一旦取り出す。
  3. フライパンにオリーブオイル(大さじ2)を足して、極細パスタをやや色づくまでよく炒める。
  4. (2)をもどし、パプリカパウダー、すりつぶしたサフランを入れ、熱いスープを注ぎ、塩・こしょうで味をととのえる。
  5. パエリア鍋にうつしかえて、水分がなくなるまで加熱したら、220度のオーブンに5分入れてパスタを立たせる。
  6. パセリのみじん切りを散らす。

ポイント&ヒント

赤ピーマン/赤パプリカ

赤ピーマンは、小さいものなら1個、大きな肉厚のパプリカなら1/2個使います。パプリカの場合は、グリルで皮を直火で焼いてむいてから使うと、口当たりがよくなります。

極細パスタ

フィデワ用の極細パスタ「フィデオ」がなければ、極細スパゲティ「カペッリーニ」0.9mmを2~3cmの長さに折って使います。

カペッリーニ

フライパンひとつでできる

今回は、最後に麺を立たせて見栄えよくするために、フライパンからパエリア鍋にうつしてオーブンで仕上げましたが、オーブンに入れられるフライパンで作ったり、最初からパエリア鍋で作れば、入れ替える必要はありませんね。

また、フライパンひとつで煮詰めるだけでも充分おいしくできます。

オーブンに入れて仕上げる

▲ オーブンで仕上げるのは、麺を立たせぱりっとさせるためなので、必ずしもオーブンに入れなくても大丈夫。でも、この麺のたった感じがいいんです。

ミニトマトを散らして、アリオリソースで…

出来上がったら、仕上げに、フレッシュトマトを散らし、アリオリソース(にんにく入りマヨネーズ)を添えると、味に広がりがでます。

トマトを散らしたデコレーション

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク