セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

魚介のフィデウア

魚介のパスタパエリア

魚介のフィデウワ

パスタで作るパエリア「フィデウア(Fideua)」は、カタルーニャ語でパスタ料理のこと。主にカタルーニャ沿岸の地域で人気の料理です。お米を忘れた漁師が、船の上で作ったのがはじまりとも言われています。今回はフィデウア専用の極細麺フィデオで作ってみました。

材料

【3人分】28cmパエリア鍋

  • 極細パスタ「フィデオ」……100g
  • あさり……150g
  • えび ……6尾
  • いか(細切れ)……100g
  • ベーコン……2枚
  • たまねぎ……1/2個
  • 赤ピーマン……1/4個
  • 青ピーマン……1個
  • トマト……1/2個
  • 魚介スープ……2カップ
  • オリーブオイル……大さじ2
  • にんにく……2片
  • パプリカパウダー……小さじ1
  • サフラン……ひとつまみ(0.2g)
  • パセリ……2枝
  • 塩、こしょう……少々

作り方

魚介のフィデワ手順

  1. あさりは砂出しし、えびは背わたやひげなどを取る。いかとベーコンは細切りにする。
  2. サフランはすりつぶして、お湯(50ml)でといておく。トマトは皮をむいて、すりおろす。
  3. にんにく(半量)とパセリ(半量)は合わせて、すり鉢ですりつぶしておく。
  4. 残りのにんにくとパセリはみじん切り、玉ねぎ、赤・青ピーマンは7mm角に切る。
  5. パエリア鍋にオリーブオイルを入れ(4)を炒める。
  6. いかとベーコンを入れて炒め合わせ、えびとアサリも加える。
  7. えびとあさりに火が通ったらいったん取り出して、(2)を加え、5分ほどゆっくり炒める。
  8. パプリカパウダーを全体に混ぜたらスープを入れ、沸騰したら、(3)を加えて煮る。
  9. 塩・こしょうで味付けし、極細パスタを振り入れて、半分ほど水分がなくなったら、えびとアサリを戻して炊きあげる。

ポイント&ヒント

Fideua(フィデウア)

「Fideua」の日本語表記、「フィデウア」と書いていますが、会話の中では「フィデオワ」とか「フィデワ」に聞こえます。

スペインには、フィデウア専用のパスタ「フィデオ(Fideo)」があり、細いのや穴のあいたマカロニのようなものなど形状は様々です。

フィデオ

▲ スペインで売られている「フィデオ」。これは極細パスタ。

日本では入手困難なので、極細スパゲティ「カペッリーニ」や細目のスパゲティを3〜5cmくらいに折ったもの、小さなサラダ用マカロニ等で代用するといいでしょう。

カペッリーニ

▲ カペッリーニをポキポキ折って使えば問題なし。

魚介スープ

魚介スープは、地中海スープの素を溶いたものを使いました。コンソメの素でも、鯛のあらなどからとっただしでもかまいません。

スープの量は、パスタの太さや量でかわってきますので、8分目ほど加えて様子を見ながら足していきます。煮汁が無くなってもまだパスタがかたいようなら、お湯を加えて煮ます。

逆に、多少煮汁が残っていても、パスタのかたさがちょうどよくなったら、それで完成にします。

地中海スープ

▲ 地中海スープは、サフラン入りの魚介スープの素

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク