セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

イカ墨海鮮フィデワ

イカ墨の海鮮パスタパエリア

イカ墨フィデワ

イカ墨パエリアのパスタ版です。極細パスタ(Capellini )を使うと、麺が芝生のように立って見栄えがします。アーモンドとパセリとにんにくを練った「ピカーダ」を入れるのが味のポイント。コクが出ます。一度パスタを炒めているので、炊いてもふやけず、冷めてもおいしいですよ。アリオリソースを添えてどうぞ。

材料

【2人分】28cmパエリア鍋使用

  • 極細パスタ……120g
  • にんにく……1片
  • 玉ねぎ……1/2個
  • あさり……150g
  • シーフードミックス……200g
  • 白ワイン……大さじ2
  • スープ(固形スープの素1個をとかしたもの)……2カップ
  • オリーブオイル……大さじ4
  • イカ墨ペースト……大さじ1
  • 塩、こしょう……少々

<ピカーダ>

  • にんにく……1片
  • パセリ……1枝
  • アーモンドパウダー……大さじ1

<アリオリ風マヨネーズ>

  • マヨネーズ……大さじ3
  • おろしにんにく……小さじ1/2

作り方

イカ墨フィデワ手順

  1. 極細パスタは3cm長さに折っておく。
  2. にんにく(1片)と玉ねぎはみじん切りにする。
  3. フライパンにオリーブオイル(大さじ3)を入れて、ピカーダ用のにんにく1片と(1)をきつね色になるまで炒め、いったん取り出す。
  4. すり鉢に(3)で炒めたにんにく1片、パセリ、アーモンドパウダーを入れてすり混ぜ、ピカーダを作る。
  5. フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を足し、(2)をじっくり炒める。
  6. 玉ねぎが十分炒まったら、シーフードミックスを入れて炒め、白ワイン、スープ、ピカーダ、あさり、イカ墨ペーストを加えていく。
  7. あさりの口が開いたらあさりのみ取り出し、味見をして、塩・こしょうで味をととのえる。
  8. 炒めたパスタを加えたら、パエリア鍋に移し替えて炊く。
  9. 水分がなくなったら、あさりを上にのせ、180度のオーブンで約5分加熱してパスタを立ち上がらせる。
  10. 好みでマヨネーズにおろしにんにくを混ぜたアリオリ風マヨネーズを添える。

ポイント&ヒント

イカ墨フィデワ盛りつけ

フライパンひとつで…

パエリア鍋がなければ、そのままフライパンで炊いて仕上げます。最後あさりを戻したら、鍋底がチリチリというまで加熱すると、弱いながらもパスタが立ち上がってきます。

オーブンに入れるのは、パスタをより立ち上がらせるためなので、そのままコンロで仕上げても問題はありません。

具のバリエーション

ピーマンやパプリカを入れると、味に深みが出て彩りもきれいです。その他、キノコやいんげんなども。(いずれも細かく切ってシーフードミックスと一緒に炒めます)

ピカーダ

「ピカーダ」のアーモンドは、パウダーを使いましたが、スライスを軽く炒ってつぶしたほうが風味が増します。「ピカーダ」は、料理のコクや深みを出すものとして、フィデウアやパエリャの他、煮込み料理などにも使われます。

イカ墨

イカ墨ペーストは、今回小さじ1程度しか使っていないので、色が浅めになってしまいました。(それでもイカ墨っぽさは十分)本物のイカの墨を3~4ハイ分集めて使ってもいいですね。

フィデオ(Fideo)

フィデワ(Fideua)はカタルーニャ語でパスタ料理という意味。スペインでは、フィデワ用としてのパスタ「フィデオ(Fideo)」があり、マカロニのようなパスタや、今回使った3cm程の長さの極細パスタもあります。

フィデオ

日本では入手困難なので、イタリアのカペッリーニ(0.9~1.2m)を折って代用するといいでしょう。

カペッリーニ

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク