セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

えびとあさりのアロス・カルドソ(雑炊)

えびとあさりのスペイン風お雑炊

えび雑炊

スペインの土鍋カスエラで作るバレンシアのお米料理。えびとあさりを入れたお雑炊(Arroz caldoso con almejas y gambas)です。パエリャよりも簡単で、サフランいらず。魚介のうまみがごはんに染みこんで、うまいうまい。カスエラで作りたいところですが、いつも使っている純和風の土鍋で作りました。

材料

【2〜3人分】

  • 有頭えび……6尾
  • あさり……1パック
  • シロシメジ……1/4株
  • トマト……1/2個
  • ピーマン……1個
  • 玉ねぎ……1/2個
  • にんにく……1片
  • 米……1合
  • 水……3カップ
  • オリーブオイル……大さじ2
  • 白ワイン……カップ1/4
  • コンソメ顆粒……小さじ2
  • パプリカパウダー……小さじ1/2
  • 白こしょう……少々
  • 塩……少々

作り方

えびとあさりのアロス・カルドソ

  1. にんにくはみじん切り、ほかの野菜も5〜10mm角ぐらい刻む。
  2. えびは皮をむいて、食べやすい大きさに切る。頭の部分はひげと足を切っておく。
  3. 土鍋にオリーブオイルを入れ、にんにく、野菜、魚介類の順に炒め、パプリカパウダーをふる。
  4. 白ワイン、米、コンソメ顆粒、水を加えて、時折かき混ぜながら弱火で20分ほど煮込む。
  5. 塩、こしょうで味をととのえる。

ポイント&ヒント

お米は、出汁を吸わせるために洗わないで使いますが、気になる場合は、さっと洗ってザルにあげ、水を切ってから入れてください。あるいは洗わないで使える無洗米が便利です。

あさりは炒めた後、むき身にして入れると食べやすくなります。海老の頭もアサリの殻も、盛りつけの飾り程度に残しておいて。

イタリアのリゾットのように、食前に粉チーズをふってもいいですね。

スポンサーリンク

スペインのお米料理

スペインのお米料理の歴史は古く、かつてはプチェロ(puchero)という深めの土鍋で作られており、のちにカスエラ(cazuela)という平べったい土鍋になり、近年になってから鉄製のパエジェラ(paellera)が登場しパエリアが作られるようになりました。

今でも、パエリア鍋ではなくカスエラで作るお米料理は多く、スープの多い雑炊タイプとしっかり炊きあげるタイプがあります。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク