セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ミックスパエリア

肉と魚介を入れたスペイン風炊き込みご飯

ミックスパエリア

パエリャの本場は、スペインの米どころバレンシア。鶏肉、兎肉、カタツムリ、モロッコインゲンを入れたものが元祖バレンシア風になります。鍋に平たく炊き込むのが本来のパエリャですが、魚介類も入れて立体的に仕上げてみました。魚介類と鶏肉で作る一般的なミックスパエリャです。

材料

【2〜3人分】28cmパエリャ鍋使用

  • 殻付きエビ……6尾
  • あさり……12~18個
  • 鶏手羽元……6本
  • 米……1合
  • 水……2カップ
  • 玉ねぎ……1/2個
  • ベーコン……2枚
  • ピーマン……2個
  • レモン……1/2個 
  • サフラン……0.2g
  • にんにく……3片
  • オリーブオイル……大さじ3
  • 塩……小さじ1/2
  • こしょう……少々

作り方

パエリア作り方手順

  1. 手羽元は余分な脂肪・皮をとり、エビは殻をつけたままで背わたをとり、あさりは砂ぬきしておく。
  2. サフランはすりつぶしてお湯(50ml)を加え、色出しをしておく。
  3. にんにくはみじん切り、玉ねぎ、ベーコンは5mm角に切る。
  4. フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、鶏元手羽、エビを炒め、しっかり塩・コショウする。
  5. パエリャ鍋に、オリーブオイル大さじ2を入れ(3)をじっくり炒める。
  6. 水を加えて、塩・コショウで味付けをする。(このとき味をみて、スープとして飲める濃さにしておく)サフラン水を入れて、米を振り入れる。
  7. 少し煮てから、あさり、鶏元手羽、エビを並べ、ピーマンを散らして、蓋をして(またはアルミホイルで覆って)弱火で炊く。
  8. 底がグツグツという音からチリチリという音に変わったら、火を止めて5分ほど蒸らす。
  9. レモンを添えて、食卓へ。

ポイント&ヒント

炊きあがる前に水分が無くなりそうなら、途中で少し水を足します。

米はふつうの日本米で、洗わないのがコツ。洗ってしまうと、お米が水分を吸ってしまい、スープの旨みが浸透しないからです。精米後のぬかが多くついている場合や抵抗がある場合は、さっと洗ってザルにあげ、水を切ってから使います。あるいは洗わないで使える無洗米が便利です。

玉ねぎは別途炒めておいたもの(ソフリート)を使ってもいいですね。

魚介類や鶏肉からだしが出るので水だけで炊いていますが、さらに白ワインやスープストックを加えるとより味わい深くなります。お好みでレモンをかけてどうぞ。

スポンサーリンク

スペインのお米料理

スペインのお米料理の歴史は古く、かつてはプチェロ(puchero)という深めの土鍋で作られており、のちにカスエラ(cazuela)という平べったい土鍋になり、近年になってから鉄製のパエジェラ(paellera)が登場し、パエリアが作られるようになりました。

パエリアの中に入れる具は、海辺に近ければ魚介類、山岳部では肉類をメインにして作られていました。具に制限はないので、好きなものを入れて作りましょう。「創作パエリャ コレクション」ではいろんなパエリアを紹介しています。

また、スペインのバレンシア米を使ったパエリア・レシピはこちらで…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク