セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ツナのエンパナディージャ(揚げパイ)

揚げ餃子みたいなミートパイ

ツナの揚げパイ

エンパナディージャ(Empanadilla)は、ミートパイ「エンパナーダ」のミニ判。まるで揚げ餃子のようです。中に入れるのは、ツナの他にえびや鶏肉などなんでもOK。餃子の皮で代用できますが(スペインでは専用のパイ生地が販売されていて餃子の皮そっくり)今回は皮から作ってみました。

材料

【3人分】12〜16個分

<皮>

  • 強力粉……50g
  • 薄力粉……50g
  • オリーブオイル……大さじ1
  • お湯(40度ぐらい)……50ml

<具>

  • ツナ缶フレーク……1缶(165g)
  • ゆで卵……2個
  • ケチャップ……大さじ2
  • 塩、こしょう……少々
  • 打ち粉にする強力粉……適量
  • 揚げ油……適量

作り方

ツナ揚げパイの手順

  1. ボールに強力粉、薄力粉、オリーブオイル、お湯を入れ、全体をまとめたら、ラップに包んで冷蔵庫で30分休ませて生地を作る。
  2. 生地を12〜16等分にして丸める。
  3. 打ち粉をしたまな板の上で、麺棒で薄く丸く伸ばして皮にする。
  4. ツナ缶フレークは油をきり、ゆで卵はみじん切りにして、ケチャップと混ぜ合わせ、塩・こしょうで味をととのえ、具を作る。
  5. 皮の真ん中に具を入れ、半分に折って、端をフォークで押さえて閉じる。
  6. 180度の油で、皮が色づくまでからっと揚げる。

ポイント&ヒント

このエンパナディージャは、餃子ぐらいの大きさです。

中に入れる具は、挽肉を玉ねぎと一緒に炒めたものや、エビを炒めてクリームチーズと合わせたものなど、好きな物が詰められます。何を入れるにしても、すぐ食べられるよう調理してから皮で包みます。

今回の具は、ケチャップを使いましたがこちらでご紹介のエンパナーダのフィリングにすると、よりスペインらしい味になります。

エンパナディージャ

今回の皮の量で、半量(6~8個分)をツナとゆで卵、残りを別の詰め物にしてもいいですね。その場合、ツナ缶フレークはスリム缶(80g)とゆで卵1個でできます。

エンパナディージャは、端をねじって留めていく包み方だったり、表面に卵液を塗ってオーブンで焼いたものだったり色々。お好きにアレンジして楽しんでくださいね。

【参考レシピ】牛肉の赤ワイン煮をフレーク状にして、餃子の皮で包んでミートパイにもアレンジしました。

 

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク