セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

リンゴのコンポート赤ワイン仕立て

りんごの赤ワインシロップ煮クローブ風味

りんごのコンポート

りんごのコンポート(COMPOTA DE MANZANA)です。スペインのアストゥリアス地方はリンゴの産地で、リンゴで作るお酒シードラ(SIDRA)が有名です。リンゴのデザートもいろいろ。料理に使う場合は、酸っぱくて果肉が引き締まったものがおすすめです。食べ頃をすぎて味がぼけてしまったりんごも、お菓子や料理に使えば美味しくいただけますよ。

材料

【4人分】

  • りんご……1〜2個(400g)
  • グラニュー糖……100g
  • 水……250ml
  • 赤ワイン……80〜100ml
  • クローブ(ホール)……1~2本(無くても可)
  • バニラアイスクリーム……適量(無くても可)
  • ミントの葉……4枚(無くても可)

作り方

りんごのコンポート

  1. りんごは皮をむき、芯をとって4〜8つ切りにする。
  2. 鍋にグラニュー糖と水を入れ、火にかけ砂糖が溶けたら、りんごを入れて、15分程度煮て取り出す。
  3. 鍋に残った煮汁に、赤ワインとクローブを入れて、2~3分煮てシロップを作る。
  4. りんごにシロップをかけて、半日~1日漬け込む。
  5. 皿に盛って、アイスクリームを添え、ミントを飾る。

ポイント&ヒント

コンポートの作り方は同じ

作り方は、基本的に洋梨のコンポートと同じで、ワインとスパイスが違うだけです。いずれも、洋梨でもリンゴでも作れます。

最初から赤ワインを入れて煮てもいいですが、赤ワインシロップにひたすだけでも、ゆっくりと浸透し、きれいな赤ワイン色に染まります。

お菓子にかけて

▲ これはワインを80mlと少なめにし、りんごを8つ切りにして浸したものです。クローブなどのスパイスもいれていません。色づきはやや薄めになりますが、1日で色も甘みもしっかり浸透します。

クローブはなくても…

赤ワインとクローブ(丁字:ちょうじ)はよく合いますが、入れすぎると漢方薬っぽい香りが強くなります。苦手な方は、クローブのかわりにシナモンを使ってもいいし、無くても大丈夫です。

残ったシロップの利用法

残ったシロップは、そのままか適度に薄めゼラチンを溶かし入れればワインゼリーになります。

お菓子にかけて

▲ これは果肉を入れてゼリー固めにしたものです。

お菓子にかけて

▲ ミニワイングラスにヨーグルトを入れ、その上にゼリー固めを盛れば、また違ったデザートに…。

また、シロップは煮詰めれば赤ワインソースになります。(トップの出来上がり写真では、バニラアイスにかけています)

煮詰めすぎると飴状になってしまうので、木じゃくしですくって、ほんの少しもったりしたら、火からおろします。ゆるめにしあげても、冷めると粘りがでます。

赤ワインソースは、パンに塗ったりチーズにかけたり、ヨーグルトに混ぜたり。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク