セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

クレマ・カタラーナ

スペイン版クレームブリュレ

クレマカタラナ

スペイン・カタルーニャ地方の代表的なデザート「クレマ・カタラナ(Crema Catalana)」です。カスタードクリームを冷やし、表面を飴状に仕上げたもので、クレーム・ブリュレの原型と言われています。表面のパリパリ感と、中のクリームのとろとろ感がたまりません。

材料

【2人分】

<A>

  • 牛乳……1カップ
  • シナモンスティック……1本
  • レモンの皮……1/4個分

<B>

  • 卵黄……2個
  • 牛乳……大さじ2

<C>

  • 砂糖……大さじ1
  • コーンスターチ……大さじ1
  • 牛乳……大さじ2

<カラメル用>

  • グラニュー糖……大さじ2

作り方

クレマカタラナ手順

  1. 鍋に牛乳、シナモンスティック、レモンの皮を入れ、温める。(A)
  2. 大きめのボールで(B)、小さめの器で(C)を、それぞれ混ぜ合わせておく。
  3. (B)のボールに、(A)をザルでこしながら入れ、(C)を加えたらよく混ぜ合わせ、またザルでこしながら鍋に戻す。
  4. 鍋を火にかけて、絶えず木じゃくしで混ぜながら、火を通す。
  5. クリーム状になったら、器に入れ、あら熱がとれたら、冷蔵庫で2~3時間ほど冷やす。
  6. 食べる直前に、表面にグラニュー糖をかけ、バーナーを当てて飴状に焦がす。

ポイント&ヒント

カスタードクリームは、火からおろしても余熱でかたまっていくので、ダマができないように、しばらくはかきまぜ続けるようにします。

表面のキャラメリゼ

表面のキャラメリゼは、ちょっと多いんじゃないか?というくらい砂糖を盛っておいたほうが、飴状に固まりやすいようです。

スペインでは、楕円形の焼きゴテを使います。スプーンを熱く焼いて代用することもできますが、家庭では、お料理用バーナーが便利です。

本場のクレマカタラナはとっても甘いので、カスタードクリームの砂糖を控えめにして、表面のカラメルの甘みでいただくようにしました。

クレーム・ブリュレとの違い

フランスの「クレーム・ブリュレ」は、プリンのように全体に火を通して固めるのに対し、「クレマ・カタラナ」は、カスタードクリームを冷やして固めたものです。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク