セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

パタタス・ブラバス

ソースが決め手のフライドポテト

パタタスブラバス


フライドポテトやローストポテトにブラバスソースをかけたパタタス・ブラバス(patatas bravas)。ブラバスソースはトマトやパプリカなど赤い野菜をベースにしたソースで、ピリ辛仕立てが人気です。アリオリソース(にんにくマヨネーズ)を添えてどうぞ。バルでおなじみのタパスです。

材料

  • じゃがいも……2個
  • 揚げ油……適量

<ブラバスソース>

  • サルサ・デ・トマテ(トマトソース)※……100g
  • 水……100ml
  • コンソメ顆粒……小さじ1/2
  • 赤ワイン……大さじ1
  • パプリカ……小さじ1
  • ウスターソース……大さじ1
  • ペッパーソース(タバスコ)……少々
  • 塩、こしょう……少々

作り方

パタタスブラバス 作り方

  1. 鍋にソースの材料をすべて入れて、塩・コショウで味をととのえながら煮詰める。
  2. じゃがいもは乱切りにして、弱火でじっくりと素揚げにする。
  3. じゃがいもにソースかける。お好みでマヨネーズを添える。

ポイント&ヒント

なめらかなソースにしたい場合は、ブレンダーやミキサーにかけてから、鍋で煮詰めます。

スペインのバルでは、ブラバスソースとともにアリオリソース(にんにく風味のマヨネーズ)がかかっていることがあります。それを混ぜ合わせて食べるとさらに美味しい! ので、最後にマヨネーズをかけるのがおすすめです。

※サルサ・デ・トマテ(トマトソース)がないときは…

サルサ・デ・トマテは、トマトソースです。作り置きしておくと便利です。

サルサ・デ・トマテ(基本のトマトソース)レシピ

サルサ・デ・トマテが無いときは、鍋にオリーブオイル(大さじ1)、にんにく(1片)、玉ねぎ(1/2個)、トマト(1個)をすべてすり下ろしたものを入れて煮て、さらにブラバスソースの材料を足して作るといいでしょう。

即席ブラバスソースでも…

一番簡単なブラバスソースは、ケチャップをベースに、ペッパーソース(タバスコ)やウスターソースなどを混ぜ合わせて作るというもの。

でも、この料理はソースが決め手なので、オリジナルなソースにこだわりたいですね。隠し味として、お醤油、アンチョビペースト、各種スパイス、お酒など入れても。

スポンサーリンク

モダンなパタタス・ブラバス

おしゃれなバルに行くと、モダンなパタタス・ブラバスに出合うことがあります。筒のような形のフライドポテトにブラバスソースを詰めたものです。1口サイズなので、ピンチョスのようにつまんで食べられます。

作り方は、まずじゃがいもを皮つきでまるごとゆで、冷めたら、2.5cmの厚さに切って、直径3cmのセルクル(円形の抜き型)で抜きます。さらにソースが入れられるよう、中央にくぼみを作って油で揚げます。揚がったら、軽く全体に塩をして、ブラバスソースをくぼみに詰め、上からアリオリソースをのせます。

型で抜いた後に残ったじゃがいもは、ポテトサラダやスープに利用してくださいね。

あるといいかも、ピンチョス楊枝

スペインのひらべったい楊枝。ピンチョスによく使われますが、パタタス・ブラバスなどのタパスにも、2〜3本させば、一気にバルの雰囲気が演出できますよ。

スペイン楊枝 (Amazon)

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク