セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

サルサ・マオネサ(マヨネサ)

元祖マヨネーズ、スペイン・メノルカ島のマオンのソース

マヨネーズの原型は何か。諸説あるなか、地中海に浮かぶスペイン・メノルカ島のマオンのソース「サルサ・マオネサ(salsa mahonesa)」ではないかと言われています。これは卵黄、塩、オリーブオイルだけで作られた昔ながらのシンプルなもの。香辛料や調味料を加えて様々にアレンジできます。

材料

【作りやすい分量】

  • 卵黄(常温)……1個
  • 塩……少々
  • オリーブオイル……適量

作り方

マヨネサの作り方手順

  1. ボウルに塩と卵黄を入れ、すりこぎで混ぜ合わせる。
  2. 塩が溶け黄身がなめらかになったら、オリーブオイルを少しずつ加えながら混ぜ続ける。
  3. 少しずつオイルの量を増やしていき、もったりと乳化して固まってきたら出来上がり。

ポイント&ヒント

このままパンにぬったり、野菜サラダに添えてもいいですし、ニンニクやパプリカ、胡椒などの香辛料を加えたり、ビネガーやレモンで酸味を加えてアレンジしても。オリーブオイルは、風味を左右するので鮮度がよく品質のよいものを使いましょう。

モルテロで作るマヨネサ

モルテロで作るマヨネサは、気温・湿度や混ぜる速度など、条件によって微妙に異なり、出来上がりが不安定です。しかし、うまくできあがると嬉しいもの。モルテロをお持ちの方は、挑戦してみてくださいね。

もし、失敗してしまったら…

卵とオリーブオイルが混ざっているだけなので、ビネガーやハーブなどを加えてサラダドレッシングにしたり、小麦粉などを加えてパウンドケーキやケークサレ、肉や魚に塗ってオーブン焼き、野菜にまぶしてマリネ炒めなど、別の料理に利用しましょう。

ニンニク入りのマヨネーズ「アリオリ」

スペインにはマヨネサとよく似たソースで、アリオリソースがあります。もともとはニンニクと塩でオイルを乳化させて作るソースですが、今は卵や牛乳などを加えて作ることが多いようです。

アリオリソース(にんにくマヨネーズ)レシピ

アリオリソースのレシピページでは、ボウルと泡立て器で作る方法、ハンドブレンダーで作る方法、失敗した場合のパウンドケーキにリメイクする方法を紹介しています。

スポンサーリンク

もっと知りたい、アリオリソースの本

マヨネーズがなければ生きられない、スペイン人シェフのマヨネーズの本

スペインのアリオリソースやマヨネーズのこと、マヨネーズを使った料理を知りたい!という方に、うってつけの本が出ました。

ピンチョスでおなじみのホセ・バラオナ・ビニェスさんの「マヨネーズがなければ生きられない、スペイン人シェフのマヨネーズの本」です。

ハンドブレンダーで作るマヨネーズ、モルテロで作る手作りマヨネーズ、バルなどで使われている牛乳で作るアリオリソースの作り方が紹介されており、それを使った料理レシピや活用ヒントなど盛りだくさん。

ホセさん流にアレンジされていますが、そのセンスの良さは素晴らしい!の一言。ディップのバリエーション、サラダ、サンドイッチ、タパスのソースや隠し味などすぐに真似したくなるものばかりです。

(2017年7月)

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク