セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

スプラウト栽培キット 準備編

2019年9月26日 更新 2012年3月公開

かいわれ大根に代表されるスプラウトは、サラダなどのちょっとしたあしらいに便利です。お部屋で育てられ、1~2週間で収穫できるのも嬉しいですね。

種と容器さえあれば育てられますが、栽培キットならなお簡単。千趣会イイハナの栽培キットを使って、スプラウトを栽培してみましたのでご紹介しますね。当ページはその準備編です。

なお、現在このスプラウト栽培キットは販売が終了しています。

スプラウト栽培日記編はこちら

スプラウト収穫・料理レシピ編はこちら

■栽培データ

品名:スプラウト栽培キット(販売終了)

内容:スプラウト栽培ボックス(2個)、スプラウトの種(豆苗、レッドキャベツ、かいわれブロッコリー、ロケット)、栽培説明書

まき時/栽培/収穫:1年中(発芽温度20~25度)

実際の栽培期間:2012年2月中旬~3月上旬

栽培キット準備編

千趣会イイハナのスプラウト栽培キットです。組み立て式紙製ボックス2個とスプラウトの種4袋がセットになっています。

栽培ボックスを作る

栽培説明書を見ながら栽培ボックスを作っていきます。

なんだか工作の時間みたいな気分です。

紙製の引出BOXのようになっているんですね。

引出を締めて明かりを遮るしくみです。内側には透明な栽培トレイが入ります。

2箱並べれば、ちょっとしたインテリアに…。幅、高さ、奥行きとも約13cmのボックスです。

種をまく

4種類の種の中からチョイスしたのは、まず「かいわれブロッコリー」。簡単そうだったんで。

こんなプチプチの種です。かいわれブロッコリーはアブラナ科で、カロチン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKが豊富。抗酸化物質も含まれているとか。なんとなく体に良さそうですね。

もうひとつは「豆苗(とうみょう)」。わさわさと食べ応えがありそうです。

こちらはマメ科。というか、エンドウ豆(グリンピース)のスプラウトなんですね。カロチン、ビタミンC、食物繊維が豊富です。

栽培トレイに付属のスポンジを入れ、種を敷き詰めて、霧吹きで水をやれば準備万端。ボックスに入れて、発芽を待ちます。

さて、どんなふうに成長していくんでしょう。つづきは栽培日記編で

利用した栽培キットは現在販売されていませんが、似たようなキットはあります。

スプラウト栽培キット(Amazon)

(商品提供:千趣会イイハナ)

■■■↑TOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク