セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

日比谷花壇のおしゃれなクリスマスリース&スワッグ

2018年11月28日 更新 

クリスマスリース

2018年も日比谷花壇には、華やかなクリスマスのフラワーアイテムがいっぱい。なかでもリースや逆さ吊りしたブーケのような壁飾りスワッグは長く楽しめて、飾るスペースをとらないのがいいですよね。

天然木を使ったフレッシュなもの、ドライフラワー製、アーティフィシャルフラワー、三日月のようなハーフリースと種類も豊富です。

最近はギフトに加え、自宅用に購入される方も多いのだとか。

日比谷花壇の2WAY手作りリースキットとおしゃれなリース&スワッグをご紹介しますね。

クリスマスの花束、ブーケ、アレンジメントのレポートはこちらで。

■■■目次■■■

【1】お正月も飾れる2WAY手作りリース&スワッグキット

【2】フレッシュな生リース

【3】ドライフラワーのリース、ハーフリース

【4】アーティフィシャルなリース、スワッグ

【5】クリスマス限定ギフトサービス

【参考】リースの飾り方アレンジ

■■■■■■■■

スポンサーリンク

お正月も飾れる2WAY手作りリース&スワッグキット

手作りスワッグキット

クリスマスが終わったらお正月飾りに衣替えができる2WAYリース。完成品もいいけれど、自分で作るのも楽しいですよね。日比谷花壇には手作りリースキットに加え、今年から手作りスワッグキットも加わりました。

手作りリースキット

手作りリースキット

リースキットはこんな日比谷花壇専用のボックスに入って届きます。リース作りに必要な材料と作り方説明書が入っているので届いてすぐとりかかれます。

リースキットの土台リース

ベースになるリース。直径15cmほど。

リースのオーナメント材料

クリスマス用のリボンやボール、お正月用の「迎春」ピック&水引などのオーナメントです。接着剤も付いています。

リースのドライフラワー材料

プリザーブドフラワーのグリーンとドライフラワーのセンニチコウ、デュモサ、ヘリクリサム、ニゲラ、グリーンなど。

リースの作り方

作り方は簡単。まず、リースベースの上部にワイヤーでリースをかけるところを作ります。次に完成図を参考に、メインの花(実)を挿し、バランスを見ながら透き間を埋めるように葉などを足していきます。最後にリボンを付けて完成です。

最初にだいたいのめやすをつけてから、接着剤で留めていくといいですね。お正月には、上下を逆にして迎春ピックと水引を取り付けます。

日比谷花壇の商品ページに作り方の動画が公開されていますので参考になりますよ。

icon icon

クリスマス・お正月 2WAY手作りリースキット「プティレッド」 icon

お届け期間:2018年11月10日〜12月24日
税込み価格:3,240円+送料

手作りスワッグキット

2WAYスワッグ

手作りスワッグキットも、リースと同様、ボックスに花材一式と説明書が入っています。

2WAYスワッグキット

花材とともに、リボン、水引き、ピックなど必要な小物や接着剤も付いています。

スワッグキットの花材

花材はドライフラワーのセンニチコウ、デュモサ、ヘリクリサム、ムギ、ニゲラ、グリーンなど。

2WAYキットの説明書と材料

作り方手順も書いていますが、スワッグは花をまとめるだけなのでリースよりも簡単です。クリスマスには、手持ちのボールや星飾りなどを加えてもいいですね。

クリスマスが過ぎたら水引やピックをつけてお正月飾りになります。スワッグはもともとしめ飾りのような形になっているので、迎春のピックと水引で一気にお正月の雰囲気です。

icon icon

クリスマス・お正月 2WAY手作りスワッグキット「ミニョンピンク」 icon

お届け期間:2018年11月10日〜12月24日
税込み価格:3,240円+送料

■■■↑目次に戻る↑■■■

フレッシュリース

生の木で作られたフレッシュリースやスワッグは、1カ月ほどしか持ちませんが、鮮やかなグリーンから次第にドライになっていく過程が楽しめます。顔を近づけるとほのかに森林の香りがしてさわやか。

フレッシュリース

これは昨年の国産のフレッシュな針葉樹(モミ、ブルーアイス、ヒバ、ヒムロ杉)でできたリースです。

実ものやコーンフラワーは、プリザーブドかドライフラワー。冬の瑞々しいグリーンで枝振りや葉に勢いがあり、整ったドライリースにはない魅力がありました。

icon icon

クリスマス フレッシュリース「センプレヴェルデ」 icon

2018年のフレッシュリースは、さらに実ものの飾りが増えて、ゴージャスに……。ネズ、ヒムロ、ブルーアイスなどの生木との木製オーナメントの組み合わせが楽しいリースになっています。直径30cm、厚み8cm。

お届け期間:2018年12月1日〜12月20日
税込み価格:5,400円+送料

■■■↑目次に戻る↑■■■

ドライリース、ハーフリース

ドライリース

ドライフラワーを使ったリースは、とにかく色鮮やか。色あせないので長く楽しめます。

ドライリース

ドライリース

赤と緑のクリスマスらしい色合わせのリース「リースドルージュ」。ヘリクリサムの赤い花をメインにセンニチコウや赤い実ものを添えて華やかです。

リースの裏側

リースの裏側です。

クリスマスリースのタグ

シンプルなリボンと手書き風のクリスマスタグでナチュラルな雰囲気。

リースとおそろいのツリー

おそろいのツリーとセットで飾れば、統一感が出ておしゃれですね。

クリスマス ドライリース「リース ド ルージュ」 icon

お届け期間:2018年11月10日〜12月24日
税込み価格:5,400円+送料

クリスマス ドライリースとツリーのセット「ノエル ド ルージュ」

お届け期間:2018年12月4日〜12月24日
税込み価格:11,880円+送料

ニュアンスピンクが優しい雰囲気の「リースドロゼ」もあります。

icon

クリスマス ドライリース「リース ド ロゼ」 icon

お届け期間:2018年11月10日〜12月24日
税込み価格:5,400円+送料

三日月形のハーフリース

リースの新しい形というのでしょうか、三日月形のハーフリースもこれから広まっていきそうです。

ハーフリース

リースの半分をリボンで吊り下げるような形です。中央にボリュームがあるので、三日月形に見えるんですね。幸せを受け止められるムーン形。

ハーフリースの部分

ヘリクリサム、センニチコウ、ニゲラの実などがバランスよくちりばめられ、かわいらしい雰囲気。長く楽しめるデザインです。

> icon

【日比谷花壇】クリスマス ドライハーフリース「ジョーイア」

お届け期間:2018年12月2日〜12月24日
税込み価格:4,320円+送料

■■■↑目次に戻る↑■■■

アーティフィシャルなリースやスワッグ

生花やドライフラワーとは違うアーティフィシャルフラワーのリースやスワッグも、個性的でハイセンスな空間づくりに一役買ってくれます。

スワッグ

アーティフィシャルフラワースワッグ

これはアーティフィシャルスワッグ「アーブル」。フィンランドでは幸運のお守りといわれている「ヒンメリ」をアレンジしたオーナメントが使われています。

アーティフィシャルフラワー

リボンは白樺の幹のような風合い。

アーティフィシャルフラワー

大ぶりのアーティフィシャルフラワーは大人っぽいニュアンスカラー。松笠もパープルで洗練されたクリスマスの雰囲気です。

ライトアップしたアーティフィシャルフラワースワッグ

部屋を暗くしてLEDランプを点灯すれば、幻想的なクリスマスが演出できます。

icon

クリスマス アーティフィシャルスワッグ「アーブル」 icon

お届け期間:2018年11月10日〜12月24日
税込み価格:9,180円+送料

スクエアリース

スクエアリース

新しいスクエア型のクリスマスリースも素敵です。ピンクとライトパープルの優しい色合い。

スクエアリース

裏はワイヤーフレームで固定されているので、立てかけてもおしゃれ。日比谷花壇オリジナルでオンライン限定商品です。

クリスマス アーティフィシャルスクエアリース「テレッツァ」

お届け期間:2018年12月2日〜12月24日
税込み価格:6,480円+送料

ボールオーナメント

ボールオーナメント

リースやスワッグと同じように、壁やドアにかけて楽しむボールオーナメントも新しいクリスマス装飾として楽しめます。

ライティングしたボールオーナメント

フラワーボールをリボンでつないだオーナメントで、長さが調節でき、LEDランプでのライティング演出も可能です。

フラワーボール

ピンク、ベージュ、ライトパープルの優しい色合いのフラワーボールで、アジサイ、アリュームなどのアーティフィシャルフラワーでできています。直径約12cmと10cm。

LEDライト

LEDライト(ボタン電池付き)は別添えで、ボールに絡ませて使います。

クリスマス ボールオーナメント「バルデフルール」

お届け期間:2018年12月2日〜12月24日
税込み価格:6,480円+送料

■■■↑目次に戻る↑■■■

クリスマス限定ギフトサービス

クリスマスリースやスワッグをプレゼントにする場合は、カードやチョコレートなどを添えるとより気持ちが伝わりますね。

クリスマスギフトに添えられるカード

クリスマスメッセージカード

▲ 2018年のクリスマスカード(無料)

クリスマスギフトには、専用のカードが付けられます。追加でメッセージを書き込むことはできないので、自分の言葉で綴りたい場合は、ピンク色のオリジナルカード(無料)を利用するといいでしょう。

無料メッセージカード

ほかに、カードが華やかな有料カードもあります。100字まで自由にメッセージが入れられます。

ギフトにはチョコやハーブティ、カレンダーを添えて

日比谷花壇では、2018年12月10日までであれば、ゴディバのチョコレートやハーブティ、カレンダーが添えられるアイテムがあります。

ゴディバのチョコレート

チョコレートは、ゴディバのクリスマス限定コレクション(4個入り)。クリスマスパッケージでゴージャスです。

お花のハーブティ

ハーブティはフローラルハーブを配合した日比谷花壇オリジナルの「セッチムジュール」です。

日比谷花壇カレンダー

カレンダーは日比谷花壇オリジナルです。

いずれも+1,080円で添えられます。

注文の締切日

配達日指定ができるのは、2018年12月18日まで。最終締切日は2018年12月21日です。人気の商品は、締切を待たずに売り切れてしまいますので、お早めに…。

新規会員登録で特典が…

日比谷花壇のオンラインメンバーに登録すると、様々なプレゼント&キャンペーンに応募できます。

詳しくは、日比谷花壇キャンペーンページ iconをご覧くださいね。

■■■↑目次に戻る↑■■■

【参考】クリスマスリースの飾り方アレンジ

クリスマスリース

以前、日比谷花壇のクリスマスリースをいただいたことがあります。オーソドックスなタイプで室内用。いろいろ飾って楽しみましたので、ご参考までに…。

リースが入っていた箱

リースは日比谷花壇の専用ボックスに入っていました。花柄の段ボールです。

リースの梱包

土台にしっかりと固定され、土台は取り出しやすいように丸い穴があいています。リースの上部には吊り下げるためのワイヤー付き。

リースの大きさ

大きさは、直径約23cm。やや小ぶりです。

ドアにかけたリース

部屋のドアに飾ったり

椅子にかけたリース

飾り椅子の背もたれとか

花瓶とリース

置き物と一緒に花瓶に立てかけたりとか

キャンドルとリース

真ん中にアロマキャンドルを置いたり。(火の用心)

リースとお菓子

ホームパーティーのときは、テーブル花のような使い方もできました。中心にグラスを入れて、お菓子や紙ナプキンなどを入れたりなんかして。

クリスマスリース

壁掛けに飽きたら、テーブルに置いて楽しんでみてくださいね。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

日比谷花壇

クリスマスツリーとリース

日比谷花壇は明治5年創業。戦後の東京復興計画の一環として公園に花屋を…と、当時の都知事より要請され、日比谷公園内に出店したのが始まりです。

現在、フラワーショップは全国に約200店舗。さらに環境や花育、ウエディング、お葬式、高齢者福祉や生活支援、海外事業など幅広く展開する企業となっています。

オンラインショップにおいては、花束やアレンジメントなどが常時200~300品。品質の良さと洗練されたフラワーデザイン、きめ細かなサービスには定評があります。

各種イベントやプレゼント、モニターキャンペーンも多く、様々なかたちで、花のある暮らしを提案し続けています。

オンライン会員の特典

入会費無料のオンライン会員になると、次のようなサービスが受けられます。

・メルマガに登録すると、eクーポンやプレゼントキャンペーンなどのお得情報がもらえる。

・マイページに住所を登録すれば、2回目からは入力の必要なし。購買履歴が残るので、誰にどのような花を贈ったか確認できる。

・マイカレンダーに、誕生日や記念日などを登録しておくと、リマイダーメールで知らせてくれる。

・スマホサイフアプリで日比谷花壇のポイントが貯まる。500円で1ポイント。30ポイントで花束プレゼント。

日比谷花壇の品質保証

日比谷花壇から届けられる商品には、3つのサービス(品質保証)が付いています。

品質保証カード

1)高品質を約束する「QUALITY CARD」

取り扱い商品のすべてに「QUALITY CARD」が付いています。これは商品が届いた時に、万一しおれていたり破損していた場合、お客様相談室に連絡すれば取り替えてくれるサービスです。

2)お手入れのしおり

お花を長く楽しむためのお手入れガイドです。切り花の場合には、お花が長持ちする延命剤がついています。

3)花の写真のポストカード

送り主とお届け先とのコミュニケーションに役立ちます。受け取った方がお礼状として出してもいいし、使わなければ、飾っておいても。

また、発売前に全商品の配送テストを実施し、問題がないかチェックをしているので、配送の点においても安心です。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク