セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ししとう炒め

シシトウのにんにくオリーブオイル炒め

ししとう炒め

ガリシア地方パドロンが産地のピミエント・デ・パドロン(Pimiento de Padrón)。シシトウとピーマンの中間のような小ぶりでぷっくりとした野菜です。それをオリーブオイルで炒め塩をふっただけのタパスがうまい! 日本ではシシトウで代用して、バル気分を味わいましょう。

材料

【2人分】

  • シシトウ……1パック
  • オリーブオイル……大さじ1
  • にんにく……1片
  • 塩、こしょう……適量

作り方

ししとう炒め手順

  1. ししとうは軸を切り、破裂防止のために皮に切り目を入れておく。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを軽く炒めて香りを移したら(1)を入れて、強火で炒める。
  3. 塩・こしょうをふって皿に盛る。

ポイント&ヒント

スペインでは素揚げにしたり、オイルをまぶして炭火で焼くこともあるようです。軸は切らずそのままのほうが、つまんで食べるスペインのバル風になりますが、まるごと食べたいので軸は切っておきました。

たっぷりめのオイルで、炒めすぎかな?というくらい、薄皮が浮き上がり全体にくたっとさせたほうが甘みが出て美味。塩・こしょうを強めにきかせると、お酒やパンとよく合います。

塩に凝ったり、粗挽き黒胡椒にしたり、2度目からは自分流で。お酒やおしょうゆを少したらしてもいいですね。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク