セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

お月見に月餅やうさぎの形の和菓子

2020年9月23日 更新 

新宿中村屋の月餅、中秋の名月

お月見は、主に十五夜(中秋の名月 旧暦8月15日)と十三夜(後の月 旧暦9月13日)の夜に行われる行事。2020年の中秋の名月は10月1日です。

この時期の贈り物やお取り寄せに、お月見にちなんだうさぎ柄のお菓子はいかがでしょう。ご紹介しますね。

■■■目次■■■

【1】清閑院「秋夜のうさぎ」

【2】中村屋「月餅」お月見柄

【3】寿製菓「因幡の白うさぎ」

■■■■■■■■

スポンサーリンク

清閑院「秋夜のうさぎ」

秋夜のうさぎ、パッケージ

京都の菓匠 清閑院の季節限定菓子「秋夜のうさぎ」は、なんといってもパッケージがかわいいのです。包装紙の結び目からぴんと立った端っこが、うさぎの耳のよう。

タグには、それを象徴するかのように描かれた淡い紅色の目と耳。そして、お菓子の名前である「秋夜のうさぎ」の風流な筆文字。粋なラッピングでしょう?

包みをほどくと、お饅頭が入ったパッケージもうさぎになっているんです。

うさぎの形の個包装「秋夜のうさぎ」

耳がぴょんと立って、愛らしい。このまま飾っておきたいくらいです。

ミルク饅頭「秋夜のうさぎ」のパッケージ

うさぎの形の箱をあけると、

うさぎの形のお饅頭「秋夜のうさぎ」

中から出てきたおまんじゅうも、うさぎです。

うさぎのお饅頭「秋夜のうさぎ」

まあるくふっくらとしたうさぎの形に焼き上げた乳菓。ミルク饅頭といったところかな。かわいさ百万点。

ほっこりと練乳風味の餡がおいしく、瀬戸内銘菓「母恵夢」を思い出しました。

お饅頭の中身

断面はこんな感じ。紅茶、緑茶、コーヒーでもいいけど、ミルクとなら相性ばっちりです。

季節商品のため、販売期間が短いのですが、扱っていたらラッキーです。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

新宿中村屋の月餅 お月見柄

新宿中村屋の月餅 お月見柄

新宿中村屋の「月餅」です。

中国では古来八月十五夜に月前に供えると共に、親しい間柄で贈り合う習慣があった月餅を、中村屋の創業者が独自の製法で作り上げた和菓子風の月餅です。

日本人の口に合うよう、本場月餅の油っこさを除き、皮の口当たり良くし、形態美をつけたそうですよ。

新宿中村屋の月餅 秋の月夜

お月見シーズンになると「中秋の名月」とか「秋の月夜」として、うさぎの模様の月餅が登場します。

新宿中村屋の月餅 中秋の名月

新宿中村屋の月餅は、どれも表面の絵柄が凝っているんですよね。通常は「月餅 中村屋」の文字が刻まれています。

新宿中村屋の月餅 お月見柄

お月見バージョンだと、2匹のうさぎが月を眺めている絵柄と、

新宿中村屋の月餅 お月見柄

うさぎが餅つきをしている絵柄になります。

新宿中村屋の月餅 お月見柄 白ごま餡

お月見ウサギさんは、白胡麻餡。

新宿中村屋の月餅 お月見柄 白ごま餡

真ん中にカスタード風味の黄身餡が入っています。

新宿中村屋の月餅 お月見柄 黒ごま餡

餅つきウサギさんは、黒胡麻餡。

新宿中村屋の月餅 お月見柄 黒ごま餡

真ん中にもちっとしたぎゅうひ入りです。

通常の月餅は、くるみ入りのしっとりとした小豆餡と、多彩なフルーツの砂糖漬けとナッツが入った木の実餡ですが、お月見にはこんな月餅もいいですよね。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

寿製菓「因幡の白うさぎ」

寿製菓の焼き饅頭「因幡の白うさぎ」

寿製菓の焼き饅頭「因幡の白うさぎ」です。赤いおめめがかわいい。中には黄身餡が入っています。

寿製菓の「因幡の白うさぎ」

「因幡の白うさぎ」は、昭和43年に生まれた鳥取の銘菓。

寿製菓「因幡の白うさぎ」

包装紙には、出雲神話「因幡の白兎」の一場面が描かれています。

寿製菓の焼き饅頭「因幡の白うさぎ」

個包装。白うさぎのイラストがかわいいですね。

寿製菓の焼き饅頭「因幡の白うさぎ」のしおり

しおりには「因幡の白うさぎ」のお話が載っています。

寿製菓の焼き饅頭「因幡の白うさぎ」のしおり

他に抹茶餡入りやうさぎの形のフィナンシェもあります。

山陰銘菓としてのお土産だけじゃもったいない。お月見のお菓子としてもどうぞ。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

【関連記事】

日比谷花壇のおすすめ敬老の日ギフト

スポンサーリンク

スポンサーリンク