セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

板前魂のおせちは福良鮑つきがおすすめ

更新 2011年10月公開

「板前魂」は、板前とシェフ・マイスターが作るおせち料理です。試食会でいただいて特においしかったのが「福良鮑」。おせちをお取り寄せするなら、福良鮑付きがおすすめです。ご紹介しますね。

福良鮑の煮汁がうまい!

煮汁がうまいって、そりゃ鮑の立場がないでしょ。と言われそうですが、鮑がおいしいのは当然で、その煮汁までもが…ということです。

「板前魂」のおせちに付いている「福良鮑(ふくらあわび)」。この煮汁で炊き込んだご飯が、もうね、絶品!

おせち試食会でいただいて、おうちでも作ってみたんですよ。そしたら、めちゃめちゃおいしくできちゃって、私ってプロ並み? って思ったほど。もちろん福良鮑のおかげなんですけどね。

板前魂でおせちを注文されるときは、福良鮑付きのおせちをお選びくださいね。

立派な福良鮑で作る炊き込みご飯

板前魂のおせちに付いている「福良鮑」です。冷凍で届くので、ゆっくりと冷蔵庫で解凍すると…

たっぷりの煮汁の中に殻つきの大きな鮑が1個入った真空パック。

殻つきで、どん!

鮑はスライスして、そのままいただいてももちろんいいのです。残りの煮汁だけでも、旨みがぎゅっと染みこんだ炊き込みご飯ができちゃうんで。

でもせっかくなので、鮑も入れた贅沢な炊き込みご飯にしてみました。鮑は熱を加えすぎると硬くなるので、温める程度の「後乗せ」で。

板前魂の食べ方紹介ページには、煮汁100ccとお醤油大さじ1と、紹介されていましたが、煮汁が1滴だって惜しいので全部入れました。

あとで、余った煮汁はお吸い物に使えばよかった…ってちょっと後悔しましたが、いや、美味しさ満点だったんで、まあ良しとしましょう。

とにかく、煮汁を捨てるなんてことがあってはいけません。

福良鮑炊き込みご飯レシピ

米2合に対して煮汁全部+足らない分の水を入れ、エリンギなどのきのこ類とにんじんのみじん切りを加えて炊く。炊きあがってから、鮑のスライスを入れて蒸す。

福良鮑のついた豪華おせち

で、この福良鮑が付いてくる板前魂のおせち。

ちなみに、2017年版は、和風やら和洋風やらの豪華桐箱シリーズの二段重〜七段重の6タイプや、超特大シリーズの8.5寸和洋風三段重などに付いていました。人数や好みに合わせて選べます。

合成着色料無添加で、アレルゲンと添加物情報をすべて表示してあるので安心です。

オマール海老のグラタン付きのおせち

ついでながら、板前魂のおせちに付いてくるもうひとつの目玉料理が「オマール海老のグラタン」。以前は「伊勢海老のテルミドール」(写真)だったのですが、今はオマール海老になっています。オマール海老のほうが有頭での盛りつけで豪華に見えますね。

伊勢海老のテルミドールをいただいたのですが、これまたうまいのなんの~~。海老の味噌が入った濃厚なホワイトソースの中に海老の身がごろごろと入ってるんです。頭の先からしっぽまでぎっしり。

おそらくオマール海老でも作り方は一緒でしょう。いただくときは、オーブンなどで軽く温めて召し上がってくださいね。白ワインとよく合いそうです。

早期注文がお得です。

板前魂は、おせちのランキングでも上位のおせち専門店。実店舗がなく通販で勝負のおせち専門店なので、食材をまとめて仕入れたり、お客様に直送することで、価格以上の品質が保てるのだそうです。

ほかにも特長は・・・

●全国どこでも(クール宅急便配達エリア内)送料無料です。

●おせち料理はすべて盛りつけ済みで冷凍でとどきます(福良鮑をのぞく)

●12月10日までキャンセル可能、それ以後は不可です。

●メールでお届け日時の連絡があります。

●年末年始のサポート体制も万全です。

●早期申込み割引があります。

おせちをお取り寄せしてみようかな~と思っている方は、福良鮑がついてくる板前魂で検討してみてくださいね。

※板前魂のおせち写真等は、ぐるなび試食会にて撮影・試食させていただいたものです。

スポンサーリンク