セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

なんちゃってザワークラウト

更新 2011年10月8日 公開

ウインナーとザウワークラウト

ウインナソーセージには、やっぱりザワークラウトがなくちゃね。

ドイツ仕込みのマイスターが作った本物ソーセージには、私が作ったなんちゃってザワークラウトを添えました。これとジャガイモ料理さえあれば、ジャーマン気分な食卓完成です。

粒マスタードをつけて

本来、ザワークラウトは塩漬けにして発酵させる漬け物ですが、炒めてお酢で味付けても、似たような付け合わせになるのです。

ソーセージ

本物ソーセージは、シュマンケル ステューベのオリジナルウインナー(茶)とシュバインツブルスト(白)。

似非なザワークラウトとはいえ、粒マスタードと一緒につけると、本物ソーセージの味がさらにぐぐんっとアップします。

ウインナーとザワークラウト

この作り方を教えてもらって以来、気に入っちゃってこればっかり。本物ザワークラウトに怒られちゃうかな。

なんちゃってザワークラウト レシピ

【材料】2〜3人分

  • キャベツ……1/3個(300g)
  • にんにく……1片
  • オリーブオイル……大さじ1
  • コンソメ顆粒……小さじ2
  • 米酢……大さじ1
  • 水(または白ワイン)……100ml
  • ローリエ……1枚
  • 塩、こしょう……少々
  • 粒マスタード……小さじ1

【作り方】

似非ザワークラウトの作り方手順

  1. フライパンにオリーブオイルを入れて、にんにくを炒めて取り出す。
  2. キャベツのせん切りを加えてしんなりするまで炒める。
  3. コンソメ顆粒、米酢、水、ローリエを加えて蓋をして蒸し煮にする。
  4. 水分が無くなったら、塩・こしょうで味をととのえる。
  5. お好みで粒マスタードを混ぜる。

お取り寄せレポート

シュマンケル ステューベの本物ソーセージ

 

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク