セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

長まめ(ササゲ)の炒め煮

更新 2011年9月5日 公開

長まめの炒め煮

長まめって「ささげ」のことなんですね。小豆に似た豆のササゲは見たことがありますが、サヤ付きは初めてでした。宮崎の野菜宅配「百姓隊」の情熱野菜セットの中に入っていたんです。

ほんとに長い。30cmはあります。

長いササゲ

長さを生かした料理にしたいところですが、長いままだと食べにくそうなので、結局4cmぐらいに切って、小松菜と同様ニンニク炒めにすることにしました。

ニンニク炒めはうちの定番で、サヤインゲンでもよく作ってるんですよね。でも、炒めただけでは、柔らかくならないかもしれないので炒め煮で。

長まめを切る

というのも、さやを切っている段階で、中から未熟な豆じゃなくて、けっこうしっかりした豆が出てきたんです。煮えにくそうだけど、大丈夫かしら?

さやの中に豆

と思いつつ、そんときゃ柔らかくなるまで煮ればいいじゃんと。

にんにくのみじん切りを入れる

まず、愛用のガーリックツイストでにんにくをみじん切りにして

オリーブオイルで炒める

オリーブオイルで軽く香りが立つ程度に炒め、長まめを入れます。全体に油がまわったら、白ワイン(日本酒)を入れて、水をひたひたに。

柔らかくなるまで煮て、塩・こしょうで仕上げます。

あっさり炒め煮

味見をすると、うま~い。

さやの中の豆も意外にもすぐに柔らかくなってほこほこに。くせもなくて、ワインにもビールにも日本酒にも合う炒め煮ができあがりました。

長まめっておいしいのね。サヤインゲンよりいいかも。

でも、なに? きょうはごはんに合うおかずにしてほしい?

ならばと、現在はまってる5倍濃縮の万能だしつゆ「味どうらくの里」をちょいと足し、あったかご飯にもあう炒め煮に作りかえたのでした。

醤油味の炒め煮

また別の日には、長まめを2本残しておいて、てんぷらにしました。

長まめの天ぷら

おいしかったねえ。隣は、同じく情熱野菜セットに入っていたみょうがです。

生落花生は、ゆでていただきましたよ。ほっこりむにゅっとした食感で久々に生ピーナツを堪能しました。

ピーナツ

でもって、もっと珍しいドラゴンフルーツ。これはジャムにしたのです。

宮崎から取り寄せた百姓隊の情熱野菜セット。珍しい地元野菜はもちろん、九州だけあって季節の先取りのように早め早めに旬の野菜が味わえるのがいいですよね。

お取り寄せレポート

宮崎から直送、百姓隊の情熱野菜セットが届いた

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク