セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

アルゼンチンワイン(マルベック)

2019年12月4日 更新 2011年1月公開

ワインはスペイン、チリをよく飲んでいますが、アルゼンチンもいいんですよねえ、って実はほとんど知らないんだけど。

マルベックはもともとフランス南部のカオールが産地で、アルゼンチンで最も成功したぶどう品種だそう。そのマルベックワインの中でも2008年のアルゼンチン・ワイン・アワードで金賞に輝いたというANDEAN VINEYARDS(アンデアン・ヴィンヤーズ)のマルベック ゴールドトロフィー'07をいただきました。

さっそく開けて飲んでみます。

スポンサーリンク

深いルビー色。フルボディ。濃いですね。久々に飲み応えのある赤ワインです。

ブラックベリーやプルーンのような香りで、タンニンもしっかり。いやな渋みじゃなくて、わずかに焦がし砂糖のような甘みさえ感じられるねっとりとした深みのある味わいで、余韻もあります。

マルベック、いいじゃないですか。テンプラニーリョがけっこう好きなのですが、マルベックのこのコクもかなり気に入りました。

生ハムならハモンイベリコ、チーズならマンチェゴのようなハードチーズ。肉料理なら牛肉か羊肉のようなガツンとくるものが合いそうです。

といいつつ、単なるミートグラタンにしてしまって・・・後悔。ワインに負けちゃったな~。お値段以上の素晴らしいワイン、ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク