セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

本格フレンチを明るい一軒家レストランで。

東京・神楽坂「ラトラス」

更新 2010年4月1日 公開

鴨のロースと

2010年4月、東京・神楽坂にあるフランス料理レストラン「ラトラス」に行ってきました。平日・昼にいただいたランチコースをご紹介しますね。

■グルメデータ

レストラン:ラトラス(L'Atlas)(東京・神楽坂)

訪問日時:2010年4月初旬 ランチタイム

内容:5,500円のランチコースを2人で。

■■■目次■■■

一軒家レストランの2階で…

5,500円のランチコース

ラトラスのおすすめシーンと予約

■■■■■■■■

一軒家レストランの2階で…

ウエイティングスペース

場所は、大久保通りから少し路地を入った白銀公園のそば。ベージュの壁にブルーの扉のかわいい一軒家レストランです。

扉をあけるとすぐに階段。左手にウェイティングスペースがあって、その前がガラス張りのキッチン、奥に化粧室が2室あります。このキッチンが整っていて美しいのです。さすがです。

ここで上着や荷物などを預け2階にあがると、白を基調とした明るい空間が広がっていました。テーブル間はやや狭いものの、勾配天井の梁に直接照明が付いていて、圧迫感がありません。窓の白いレースのカーテンも素敵です。

■■■↑目次に戻る↑■■■

5,500円のランチコース

テーブル

ランチは5,500円と7,500円の2種類。5,500円のコースをいただきます。

アミューズ

▲【アミューズ1】スティックパイ

すでにテーブルに用意されていたのがこの一口パイ。これをつまんでから食事に入ります。アンチョビとチーズが練り込まれてるようで「ワインがほしいね」ってことで、グラスで白を。

アミューズ2

▲【アミューズ】3種類のフォアグラ

少しずつ違ったテイストのフォアグラの盛り合わせ。手前の絞り出されてるクリーム状のものはムースになってるんですね。ペドロヒメネスのソースで描かれた曲線が芸術的です。その周辺の黒い粉末はバニラ。

パン

▲【パン】

雑穀入りのパン。これが少なくなった時点で、バゲットパンなど追加で持ってきてくれました。

前菜

▲【前菜】オマール海老のコンソメジュレとカリフラワーのブルーテ 函館産ウニと温泉卵 キャビア添え

前菜

▲【前菜】鮑と魚介類、ホワイトアスパラガスのグレックマリネ オレンジの香り

前菜は上の2種類から選べたので、わたしはマリネを選択。アスパラガスは生あるいはさっと湯通しした程度でしょうか、しゃきしゃきとフレッシュな食感です。ゆがいたものとは違うアスパラ本来のおいしさに感激です。鮑やサーモンなどがごろごろ入っていて、オレンジソースも効いてます。盛りつけもおしゃれ。

魚料理

▲【魚料理】岩塩でマリネしたタラのポワレ アーティチョークのガルビュールスタイル

野菜に隠れてしまっていますが、下には大きなタラの切り身のポワレ。それにアーティチョーク入りの野菜スープをかけ、豆苗や赤ピーマンなどのソテーを乗せています。野菜のうまみがつまったスープはソースがわりになり、タラとも好相性。おうちでもグリルした魚に、濃いめの具だくさん野菜スープをかけると似たようなものができるでしょうか。一緒に煮込んでしまっては出ない味わいです。

ソルベ

▲【グラニテ】金柑のソルベ

お口直しの甘さ控えめシャーベット。ひんやりと舌が生き返ります。実はこれで終わってもいいくらい、おなか大満足なのですが、ワインを赤にしてメインへ。

肉料理

【肉料理】鴨のローストと菜の花のソテー“プランタニエール”

ほかに「豚バラ肉の6時間ブレゼ ハチミツ赤ワインシェリー」もありましたが、ご自慢料理の鴨を選択。さすがに期待を裏切らないおいしさです。おなかが苦しいと言いながらも、鴨肉のうまみが濃くて脂っこくないのでどんどん食べられます。ソースがさっぱりしているから? 野菜もたっぷり添えられ、ボリュームの割にヘルシーなのかもしれません。肉の下には、マッシュポテトが敷かれていました。

デザート

▲【デザート】キウイ、グレープフルーツのマリネ トマトのコンポートとソルベ

グラスの一番下にキウイとグレープフルーツ、次に白いミント味のエスプーマ、それにトマトのシャーベットが乗り、てっぺんにトマトのコンポート。どれも素材の良さを生かして甘さ控えめになっています。爽快すぎるミントのエスプーマに思わず「微妙~」とつぶやいたら「まぜて食べるといいですよ」と。たしかに下のフルーツと混ぜ合わせると、グレープフルーツの苦みと相まって大人の味わいに変貌しました。

プチフール

【プティフル】生キャラメル、マシュマロ、抹茶クッキーなど

最後に小菓子とコーヒー(紅茶)が出ておしまいです。
ランチにしてはヘビー級でしたが、最後の小菓子までしっかり完食しました。ああ、おいしかった。脂こってりのフレンチではなく、だしをきかせているからでしょうか。野菜も多くて、濃いのにさっぱり。正当派フレンチでありながら、現代のセンスが光るお料理の数々でした。ごちそうさまでした。

(2010年4月訪問)

■ラトラスのおすすめシーン

少人数(2~6人)での会食やデートに。記念日にも。清潔感があり、かわいらしいプチレストランなので、女性には特に好まれそう。

■レストラン予約

一休.comレストラン「ラトラス(L'Atlas)」プラン詳細・予約ページ

スポンサーリンク

ラトラス

ロゴ

東京・神楽坂にあるフランス料理店。ホテルニューオータニのラ トゥールダルジャンで共に学び、ラトゥーエルで8年間料理長として腕をふるった田辺猛氏と支配人 吉田誠氏が2008年にオープンさせた一軒家レストラン。ミシュラン東京(2010年、2011年度版)で1つ星。

東京都新宿区神楽坂5-30

レストラン「ラトラス」サイト

※当レポートは、2010年4月訪問時の情報をもとにしています。レストランご利用の際は最新の情報をご確認ください。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク