セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

無印良品の自分でつくるお菓子セット「スティックチョコ」

更新 2011年1月公開

スティックチョコ

無印良品のお菓子の手づくりセット「自分でつくるスティックチョコ」を作ってみましたのでご紹介しますね。

なお、現在、この手づくりセットは販売されていないようです。

スポンサーリンク

自分でつくるスティックチョコ

無印良品の自分でつくるシリーズは、かつて「クリスマス型抜きクッキー」を体験したので、これで2度目です。

  • 使う分だけの材料が入っているのであれこれ買いそろえなくていい。
  • 作り方が習得できるので、次からは自分で作れる。

という点がいいんですよね。

セット内容

自分でつくるスティックチョコパッケージ

箱の中には、10個分の材料とラッピング袋が入っています。ぱっと見てわかるように、箱に材料写真が載っているのが親切ですね。

必要な調理器具や時間や作り方なども全部、箱に書いてあるんです。これを見ながら作っていきましたが、今回は70点ぐらいかな。

簡単なんだけど、デコレーションでもたもたしてしまって。

強引に仕上げましたけどね。どんな具合だったかは、下記のとおりでございます。

クッキーチョコを作る

作り方

キューブ型のチョコを湯煎でとかし、キャラメルクランチとフランボワーズソースをまぜて、芯になるクッキーチョコを作ります。

この段階は混ぜ合わせるだけなんで難しくもなんともない。鼻歌まじりに、ふん、ふん、ふん♪ 楽勝です。

丸めてデコレーション

チョコをかける

クッキーチョコを丸めてスティックをさし、湯煎でとかしたチョコをかけ、ピンクのペンチョコでデコレーションしていきます。

これも粘土遊びみたいなもんで、簡単。

と思ったのですが、なんかきれいに丸くなりません。スティックを差し込むと、さらにゆがんで形がいびつ。

しかし、チョコレートをかければなんとかなるだろうと次の工程に進み、ペンチョコで模様を描くのだけれど、これがけっこう難しく、もたもたしていたらチョコが固まってしまい苦労しました。

できあがり

スティックチョコ完成

できあがったのがこちら。ピンクの模様がアートしています…?

真ん中はピーナツをくっつけて、ボロ隠し。

どうにもごまかせないものは、オーブントースターで軽く温めて
チョコをとかし、アーモンドダイスを全体にまぶしました。

ラッピング

ラッピング

付属のラッピング袋に入れてタイでとめます。

出来は自己消費のレベルだと思っていたのに、袋に入れると、誰かにプレゼントしたくなるから不思議~。

赤いタイしか入っていなかったのだけど、華やかさを出すために金色も使ってみました。よくパンを買ったときに付いてるヤツです。

美味しくできた!?

ラッピング

で、肝心のお味はというと…

なかなかよろしゅうございますよ。駄菓子屋的なカジュアルな味ですが、フランボワーズの甘酸っぱさとチョコレートがよく合ってGood。

アーモンドなどナッツを加えるとさらにおいしい。

というわけで、スティックチョコのしくみがわかったので、次は材料を調達して自分流ピンチョスチョコにトライ!です。

スポンサーリンク