セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

梅山豚(めいしゃんとん)の肉まん

2017年6月18日 更新 2011年1月公開

めいしゃんとんの肉まん

幻の豚と言われる梅山豚(メイシャントン)を使った肉まん。セコムの食のキャンペーンでいただきましたのでご紹介しますね。

スポンサーリンク

梅山豚の肉まん

冷凍で届いた肉まんのブルーの包装紙をめくると、箱もブルーでどーんと「梅山豚」の金箔文字。立派な箱に入っています。

パッケージ

3個ずつ3袋入り(1個120g 直径10cmほど)。

届いたらすぐに冷凍庫に入れなくちゃね。

でも、やっぱりすぐにでも食べたいので、1個だけは電子レンジでチン♪

スチームケースで蒸す

スチームケースに入れて軽く霧をふいて、500Wで約2分半(1個)。(スチームケースじゃない場合は、ぬれた布巾かキッチンペーパーをかぶせてチン♪するといいようです)

熱々ふかふかです。いっただきま~す!

半分に割ると、中から具がぷっくり。はふ、はふ。熱い。肉と野菜の旨みが凝縮されてます。

試食

梅山豚自体どんな味なのかは知りませんが、この具で感じる限り、ヤワな豚さんの味ではなくて野性味のある引き締まった濃い味です。皮と餡の割合がちょうどよくて、皮もおいしい。

肉まんというと、コンビニか中華の飲茶というイメージで、ギフトとして考えたことはありませんでしたが、これは贈り物にしたいほどのグレードです。

実際いただいて、すっごく嬉しかったし、うまーい!って思ったもん。

肉まんは小腹がすいたときにちょうどいいですからね。肉まんギフト、有り有り、大あり! 

夜食に、おやつに、朝食に。一人暮らしからファミリーまで肉まんが嫌いじゃなきゃ、どなたにでも喜んでもらえそうです。特に育ち盛りのお子さんのいる家庭には、いいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク