セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ランズエンドの中綿(プリマロフト)キルティングコート

更新  公開

プリマロフト・モダン・コート

2015年の冬、ランズエンドの女性用「プリマロフト・モダン・コート」をモニターさせていただきました。 中綿に軽くて温かなプリマロフトを使った薄手のキルティングコートです。

現在、同じデザインのコートは出ていませんが、プリマロフトのコートは柄物やショートなど加わって、いくつか登場しています。当レポートがコート選びの参考になれば嬉しいです。

■■■目次■■■

【商品特長】高機能中綿プリマロフト採用。防水加工。

【商品チェック】実用的でおしゃれなデザイン。

【着用感】軽くて温か。洗濯機で洗える扱い易さがいい。

■■■■■■■■

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

中綿にプリマロフト採用。表地は防水加工。

ランズエンド包装

モニターで届けていただいたのは、表地が微光沢でフェミニンな印象の「レディス・プリマロフト・モダン・コート」です。

色は、4色あり(ブライトバーガンディ、クラシック ネイビー、シイタケマッシュルーム、ブラック)、モノトーンが多く好きなので「ブラック」に。

サイズは、4種(S、M、L、XL)あり、身長152cmなので「S」にしました。

届いたモニター商品は、リボンのかかったギフト用のボックスに入っていて、いつもながら素敵。ランズエンドのシールをはがして開封するときの、わくわく感がいいんですよね。

プリマロフト札

このコートの特長は、なんといっても高機能中綿素材「プリマロフト(PRIMALOFT)」を使っていること。

プリマロフトは、高級アウトドアブランドでも採用されている先進マイクロファイバーで、羽毛のように軽くて保温性・柔軟性に優れたポリエステル素材。しかも羽毛にはない撥水性もあるんです。

羽毛のように動物性たんぱく質を含まないため、羽毛アレルギーの方や羽毛の臭いが気になる方にはいいし、ほこりの発生量も羽毛より少ないそうですよ。

なので、プリマロフトは寝具やアウトドアウェアだけでなく、グースダウンに代わる新素材として、多くのアパレルブランドで採用されているんですね。

モダン・コート素材

プリマロフト・モダンコートは、表地も裏地もポリエステル100%です。箱から取り出して持ってみた印象は、手触りがよくて軽い!

コートの重さと防水加工

試しにビニール袋に入れて量ってみたら約500gでした。

それと柔らかくてさらりとした感触の表地は、手触りがいいだけじゃなく、防水加工が施されていたのです。恐る恐る水をかけてみましたら、弾く弾く。水が玉のようになってこぼれ落ちました。

これなら、雪がちらつく日や小雨のときも安心ですね。

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

■■■↑目次に戻る↑■■■

実用的でおしゃれなデザイン。

コートのフロント

コートのデザイン細部を見ていきましょう。フロントはファスナーとスナップの2つの開閉機能が付いています。

コートのポケット

ポケットは外側の左右に1つずつ。内側の左胸に内ポケットが付いています。スマホがすっぽり入るほどよい深さです。

フード調節

フードの部分。首元で締まり具合を調節できます。

ウエスト調節

後ろ身ごろのウエスト内側にもドローコードが付いていて、左右から自由に絞ることができます。ウエストがシェイプされるので、フェミニンな服装のときにいいですね。

ラグラン袖

そではラグラン袖。肩とひと続きになっていてすっきり。

袖口

袖口はタブが付いていて、2つのスナップボタンでゆるめにもきつめにも調節できます。

ボタンとファスナー

よく見ると、ボタンもファスナーも「LANDS'END」のロゴ入りでした。光の反射の関係で色が違ってみえますが、どちらもつや消しの入った同じようなテイストです。さりげないこだわりにちょっと嬉しくなりますね。

ロッカーループ

内側の襟の部分と背中の上部に、このコートをひっかけるためでしょうか、合成皮革のロッカーループが付いています。

コートを掛けたところ

わたしはほとんど使いませんが、お店などでハンガーがないときに便利ですね。

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

■■■↑目次に戻る↑■■■

軽くて温か。洗濯機で洗える扱い易さがいい。

着用スタイル(前)

さあ、着てみましょう。

ワンピースの上に羽織ってみました。ぴったりです。肩がやや狭い感じですが、腕を動かすのに支障はありません。胴回りには余裕があるので、厚手のセーターを着ても大丈夫そう。なにより薄くて軽いのがいいですね。

コートの丈は、身長152cmだと膝のラインの少し上くらいでしょうか。

着用スタイル(後ろ)

生地にマットな光沢があるので、ドレッシーなドレスにも合わせられます。フード付きですが、カジュアルすぎないのがいいんですよね。キルティングのパターンも細長の亀甲形でいい感じじゃないですか。当然、ラフなパンツスタイルともよく合います。

キルティングコートたたむ

しわにならず、かさばらず、扱い易い。加えて、洗濯機で丸洗いできるのが嬉しいです。ダウンのコートだとなかなか大変ですからね。

気軽に羽織れるプリマロフトのモダン・コート。この冬活躍しそうです。

【追記】予想通り大活躍のプリマロフトのコートでした。軽くてあたたかく真冬もほとんどこのコートでした。洗濯機での丸洗いも簡単。ネット袋に入れて普通に洗濯できました。キルティングなので皺にもならず、乾きも早くて助かりました。(2016.4.30)

ランズエンドには、このモダン・コートのほかにもプリマロフトを使ったコートやジャケット、ベストがあります。男性用もいろいろ。

サイズは悩むところですが、着てみて合わないようなら「楽替」サービスで、無料交換してもらえるので安心です。

買い物の際は、まずアウトレットページやキャンペーン一覧をチェックしてから…。随時、お得なセールやキャンペーンをやっていますよ。

アウトレットページ(レディス) icon

ランズエンド キャンペーン一覧 icon

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

■■■↑目次に戻る↑■■■

ランズエンドのブランドヒストリー

ランズエンドは、1963年アメリカ・シカゴ生まれのカジュアルファッションブランド。コピーライターでありヨットマンでもあったゲリー・コマーさんが開いたヨット用品のショップが始まりです。

ヨットやボート関連用品をカタログで販売していくうち、1973年に初のオリジナル商品「ダッフルバッグ」がベストセラーになります。その後、カジュアルウェアを扱うようになり、1980年代に急成長。アメリカ有数のファッション通販ブランドとなり、現在は世界140カ国以上の人々に愛用されています。

日本上陸は、1993年。米国本社100%子会社として日本ランズエンド株式会社が設立されます。翌年、日本語版カタログ第1号を発行。2006年より、日本人体型にあわせた商品が登場し、子ども向けやシューズなども展開。日本独自のサービスとして、翌日配送の「翌着」や試着サービスの「楽替」があります。

ランズエンドのトートバッグはパリ在住の中村江里子さんが愛用されていることでも有名。

(参考:ランズエンドサイト)

ランズエンド LANDS' END

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク