セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

お花のフレッシュ便 ガーベラで楽しむ1週間

公開 

ガーベラ

日比谷花壇の「お花のフレッシュ便icon」をモニターしております。切り花をお手頃価格で届けてくれるという自宅用のフラワー宅配便です。

1回目は「薔薇10本」でしたが、今回は「ガーベラ10本」(税込2,180円)です。さて、どんなふうに飾りましょう。

■■■目次■■■

宅配で切り花(ガーベラ10本)到着!

ガーベラのお手入れ法

ガーベラで簡単・素敵アレンジ

こんなとき便利なフレッシュ便

■■■■■■■■

日比谷花壇_オンラインショップ_お花のフレッシュ便

宅配で切り花(ガーベラ10本)到着!

宅配用のお花ボックス

土曜日の午前中、日比谷花壇の「お花のフレッシュ便」でガーベラが届きました。花市場で買い付けてすぐ発送されたものです。前回と同じく空気穴の付いた細長いダンボール。箱の開け方は、1度経験してるのでスムーズです。上を開いて、横から出す。

輸送用花ボックスの中身

ガーベラなので、大きな箱のなかにちょこんと入っていました。茎は束ねられ、透明ケースの水に浸かっています。箱の内側には、A4のフラワーレター。

今回もお花に問題はなし。しおれても折れてもいませんでした。

日比谷花壇_オンラインショップ_お花のフレッシュ便

■■■↑目次に戻る↑■■■

ガーベラのお手入れ法

切り花ガーベラ10本

入っていたのは、ガーベラ10本、延命剤、フラワーレター(お手入れのしおり)です。

薔薇の場合は、トゲがあった上に葉が多かったので、下処理が必要だったのですが、ガーベラは透明の花弁保護キャップを取り外すだけなのでとっても簡単、らくちんです。

花弁保護キャップをはずして水切り。

ガーベラの下処理

花弁保護キャップは、左右にひっぱると簡単にはずせます。そのまま下にずらしてもいいかな。茎を水の中につけたまま切る「水切り」をします。

ガーベラの水は少なめで。茎は5cm浸ればOK。

ガーベラを生ける

今回も立派なガーベラで、茎が長い長い。品種は3種類のミックスです。濃いピンクが3本、ピンクが3本、薄めのピンクが4本。

ガーベラは茎にぬめり(バクテリア)がつきやすいので、水は少なめが基本だそうです。水には5cm程度浸かっていればいいそうで。

知らなかった〜。

そういえば、花瓶に入れっぱなしにしておくと、どろ〜んと茎がやわくなってることがありました。納得。ぬめりをつけないよう、毎日水替え、水切りしなくちゃね。

日比谷花壇_オンラインショップ_お花のフレッシュ便

■■■↑目次に戻る↑■■■

ガーベラで簡単・素敵アレンジ

玄関はいつものフラワーベースに。

花瓶に生ける

まず玄関のフラワーベースに生けます。何本でもいいので、その日の気分で2本とか、ガラスコップと組み合わせて4本とか。

居間には、すっきり生け花風。

生け花風に飾る

花に段差をつけて生け花っぽくしてみたり、花を寄せて茎を束ね、すっきりとしたフォルムにしてみたり。足下の緑は、ベランダ菜園で作っているのトマトの葉っぱを借用です。

食卓には、ミルクポットに挿して。

キッチン用品に生ける第二弾〜!「ストウブに薔薇」に続いて、今度は「ミルクポットにガーベラ」です。これはよくあるパターンなので、入れる前からイメージできますよね。

ミルクポットに生ける

ほとんど使っていないポットですが、中にガラスコップを入れてそれに挿します。ざっくりと。

ミルクポットのガーベラ

こんなもんですかね。ガーベラがまとまると本当にかわいい。ピンクだし。乙女チック♪

食卓にガーベラ

食卓もピンクの花が入ると華やぎます。

ガーベラ10本で簡単アレンジ

ブーケ風のアレンジ

水を替えながら、水切りを重ねていくと茎が短くなっていきます。ついにはコップからやっと花がのぞくくらいの長さまで。

そこで10本の丈を揃えてコップに挿してみたところ、あら不思議。自然とこんもりブーケ風になるじゃないですか。

薔薇でもそうでしたが、10本あれば何のテクニックもいらず、コップで丸くアレンジできるんですね。今まで、難しく考えすぎてたな〜。

さらに、短くしてぐい飲みに挿せば、3本でも全方向どこからみてもかわいいガーベラアレンジメント。

ホームパーティにガーベラ

子どものお誕生日会やスイーツパーティーなど、カジュアルなテーブルにガーベラはぴったりですね。

日比谷花壇_オンラインショップ_お花のフレッシュ便

■■■↑目次に戻る↑■■■

こんなとき便利なお花のフレッシュ便

ガーベラは入手しやすいので、わざわざ通販で購入しなくても…という気がしますが、飾る日が決まっている場合は便利です。花の品質は良いし、リーズナブル価格だし、市場から取り寄せる感覚で購入できるのですから。

また、日比谷花壇のお花のフレッシュ便は、その時々で扱うお花が違うので、

  • ホームパーティや来客など特別な日
  • 自分でラッピングやアレンジしてプレゼントしたい時
  • 花のある生活を満喫したいとき
  • お店のディスプレイ装飾など

アイテムをチェックしてみるといいかも。

特にお花の好きな方、フラワーアレンジを習っている方におすすめです。鮮度の良さに感激しますよ。

【関連レポート】

第1回お花のフレッシュ便「薔薇で楽しむ1週間」

第3回お花のフレッシュ便「ユリで楽しむ1週間」

日比谷花壇_オンラインショップ_お花のフレッシュ便

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

■日比谷花壇

日比谷花壇は、2015年で65周年を迎えるフラワー専門店。1950年に東京復興計画の一環として、当時の都知事より要請され、日比谷公園内に出店をたのが始まりです。現在は、全国に180店舗を構えるまでになりました。

オンラインショップにおいては、花束やアレンジメントなどが常時200~300品。品質の良さと洗練されたフラワーデザイン、きめ細かなサービスには定評があります。

各種イベントやプレゼント、モニターキャンペーンも多く、様々なかたちで、花のある暮らしを提案し続けています。

花を贈るなら日比谷花壇

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク