セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ランズエンドの小柄な女性用「ペティート」のノーアイロン・スーピマコットンシャツ

更新 2016年10月21日 公開

ランズエンドのシャツ

身長152cm。20代の頃の洋服のサイズはSサイズと7号だったのに、いつの間にかMや9号を買うようになったワタクシ。

身長は変わらないのに、年齢とともに、体重やら体型やらは変わっていくんですよね。いわゆる「おばちゃん体型」になっていくというわけです。

そうなると、ぴったりだけど袖が長すぎるとか、腰回りに合わせると他がぶかぶかとか、微妙にサイズ感がずれて洋服選びが大変になってくるんです。

はあ、困った…。でもしょうがない。

と諦めていたところ、ランズエンドの「美型シルエット」には小柄な女性向けの「ペティート」サイズがあるというじゃありませんか。

しかもそのお試しができると…。「身長別シャツ(ペティート)のノーアイロン・スーピマコットンシャツ icon」を提供していただき、実際に着てみましたので、ご紹介しますね。

■■■目次■■■

【1】身長150cm前後の美型シルエット「ペティート」

【2】ペティート(7号〜17号)の9号

【3】レギュラーサイズ9号との比較と細部

【4】試着そして楽替?

【5】ノーアイロン&ゆったりめでラク

ランズエンドのブランドストーリー

■■■■■■■■

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

身長150cm前後の美型シルエット「ペティート」

ランズエンドの「美型(びけい)シルエット」というのは、年齢とともに変化していく日本人女性のスタイルを美しく見せるという意味で、早い話、中年女性(40代〜)が綺麗に見えてラクに着られる服のこと。レギュラーサイズは身長160cmを標準に作られています。

着るエイジングケア。大人のための「美型シルエット」 icon

そうなると、150cm前後の人にとっては、ちょっと大きめ。特に袖丈の長さは致命的です。そこで低身長(146~154cm)向けの「ペティート」サイズが生まれたというわけです。

身長別シャツ「ペティート」 icon

ペティートのサイズは7号〜17号

商品ボックス

モニターで届いたシャツは「レディス・美型シルエット・スーピマ・ノーアイロン・身長別シャツ/ペティート/柄/長袖 icon」。

美型シルエット スーピマコットンシャツ

このノーアイロン・スーピマコットンシャツはランズエンドの定番シャツで、無地と柄ものがあり、今回は柄もの。柄はチェックや花柄など5種類あって、これは「コバルトストライプ」です。

9号サイズのシャツ

ペティートサイズは7号から17号まで揃っていて、7号と迷いつつも9号サイズを指定しました。

ランズエンドのシャツでは、レギュラーサイズの9号を持っていたので、比較するのにちょうどいいと思ったからです。

■■■↑目次に戻る↑■■■

レギュラーサイズとの比較と細部

レギュラーサイズとの比較

すでに持っているシャンブレーシャツ9号。サイズの号数が同じとはいえ、パターンが違うので単純に比較はできないのですが、一応レギュラーサイズとペティート9号を比べてみました。

シャツの袖の長さ比較

一目瞭然なのは、袖丈です。こんなに違います。

着丈の比較

着丈もペティートは短くなっているし、身幅も一回り小さいですよね。

ちなみに、同じ美形シルエット・ノーアイロン・スーピマコットンシャツ(長袖)のペティート/レギュラーの9号サイズは以下の通りです。

■ペティートの9号サイズ(cm)

  • 肩幅:38.5  /(38.5)
  • バスト:96 /(97)
  • ウエスト:87.5 /(90.5)
  • 着丈:60 /(63.5)
  • 裄丈:73 /(77)

※( )内はレギュラーサイズ

やはり、レギュラーサイズ9号とは、ウエスト、着丈、裄丈で約3〜4cm小さめに作られていますね。着丈を短くしただけでなく、ウエストの絞り位置も調整しているそうです。

今回はリアルに比較しましたが、商品ページに「VIRTUSIZE(バーチャサイズ)」という機能がついていれば、手持ちの服とサイズを比較することができます。

サイズを決める前に、これ使ってみればよかったです。(動作環境によりできない場合もあります)

ノーアイロン・スーピマコットンシャツの細部

素材

替えボタン付きです。生地の素材は、高級超長綿スーピマ100%。

袖口

袖口。

バストのダーツ

バストにはダーツが入っています。

脇の縫い目

脇と袖付けの部分の縫い目。しっかりしています。

ボタンとボタンホール

前たてのボタンとボタンホール。

後ろ身頃のダーツ

後ろ身頃にも、ウエストに添うようダーツが入っています。

裾の始末

裾の始末もきれいです。

■■■↑目次に戻る↑■■■

試着そして「楽替」?

試着

試着してみました。袖は確かにちょうど良さそうです。シャンブレーシャツの9号は袖口をひと折りして着ていますからね。着丈もいい感じ。

ですが、ん〜、ひょっとして7号のほうがもっとぴったり来るような気も…。

思い起こせば、シャンブレーシャツの9号はやや大きめだったのです。ただ、ざっくりと着たかったので交換はしませんでしたが。

でもこのタイプのシャツは、ジャストサイズのほうがいいような気がします。あと、好みでいえば、ストライプ柄よりも無地(白)のほうがよかったかも…。

あ〜ん、どうしよう。悩む。

楽替の手続き

ダンボールの楽替の表示

そんなときのお助けシステム「楽替」。

試着してみて合わなければ、届いて30日間に限り無料で交換してくれるのです。

「楽替」を利用するには、インターネットの申込みページからでも、電話(フリーダイヤル)からでもできます。

ランズエンドの「楽替」サービス icon

手っ取り早いのは電話ですね。楽替専用のフリーダイヤルにかけてみました。すぐに繋がり、オペレーターの方がてきぱきと対応してくれます。

たとえ「交換・返品カード」が手元になくても、品番や注文番号や電話番号からオペレーターの方が該当の注文品を探しだし、手続きの案内をしてくれるのです。いやあ、頼もしい。

ですが、結局のところ、交換・返品はせずにそのまま着ることにしました。

なぜなら、

  • 交換したいサイズ・色がなかった
  • 客観的に見ておかしくないと言われた
  • ゆったりめのほうがラクと思い直した

からです。

まあ、こういうこともありますよね。お騒がせしました。

■■■↑目次に戻る↑■■■

ノーアイロン&ゆったりめでラク

ノーアイロンの表示

このスーピマコットンシャツは、ノーアイロン仕様です。綿100%の場合、アイロンがけは欠かせませんが、このシャツはいらないんですね。実際はどうなんでしょう。洗濯してみました。

洗濯後のシャツ

普通に全自動で洗濯したら、あちゃ〜脱水の皺がついてるじゃないですか。ノーアイロンといえども、脱水はソフトがよかったのかも…と後悔しつつ、パンパンと生地をのばして干したところ、気にならないレベルに回復しました。

洗濯した場合

はい、このとおり。遠目から見る分には全く問題ないですよね。乾くのも早かったような気がします。

後ろ身頃の皺

しかーし、よく見ると後ろ身頃に小さな脱水皺。とはいえ、これぐらいならいいかな。許容範囲です。

前身頃の皺

前身頃は、ほとんど皺は目立ちません。

襟と袖口の状態

そして嬉しいことに、襟、袖口などに皺は一切なし。まるでのり付けしてアイロンをかけたようにピンとしています。

アイロンがけが必要なシャツの場合でも、急いでいるときは、襟と袖口だけで済ますことがあるので、そのパターンで言えば、全く問題なし。まさにノーアイロン・シャツです。

で、試着したときには、生地がなんとなくハリのあるごわっとした感触だったのですが、洗濯後は肌になじむいい感じの柔らかさになりました。ゆったりめなので、さらに着心地アップです。

シャツスタイル

結果的に、交換・返品しなくてよかったじゃん!(笑)

このタイプのシャツはスカートやパンツスタイルなど何にでも合わせやすく、フォーマルでもカジュアルでもOK。(私の場合ほとんどカジュアルですが…)

なんといっても、オーバーブラウスとして着たときの丈がちょうどいい。スカートにインする場合でも、腰回りでシャツがもたもたしないのがいい。ということで、出番続出。150cm前後の方は試してみる価値のあるコットンシャツでした。

なお、定番シャツの場合、季節の変わり目にセール価格になることがあるので、購入の際はアウトレットページやキャンペーンをチェックしてからどうぞ。

アウトレットページ(レディス) icon

ランズエンド キャンペーン一覧 icon

(商品提供:ランズエンド)

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

ランズエンドのブランドヒストリー

ランズエンドは、1963年アメリカ・シカゴ生まれのカジュアルファッションブランド。コピーライターでありヨットマンでもあったゲリー・コマーさんが開いたヨット用品のショップが始まりです。

ヨットやボート関連用品をカタログで販売していくうち、1973年に初のオリジナル商品「ダッフルバッグ」がベストセラーになります。その後、カジュアルウェアを扱うようになり、1980年代に急成長。アメリカ有数のファッション通販ブランドとなり、現在は世界140カ国以上の人々に愛用されています。

日本上陸は、1993年。米国本社100%子会社として日本ランズエンド株式会社が設立されます。翌年、日本語版カタログ第1号を発行。2006年より、日本人体型にあわせた商品が登場し、子ども向けやシューズなども展開。日本独自のサービスとして、翌日配送の「翌着」や試着サービスの「楽替」があります。

(参考:ランズエンドサイト)

ランズエンド LANDS' END

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク