セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ランズエンドの刺繍入りトートバッグに惚れる

更新 2014年7月 公開

ふだん持つバッグは、なんといっても布製トート。布のもつ優しい肌触りが好きなんです。使ってるのは、一澤信三郎帆布とか倉敷帆布とかレトワールデュソレイユとかヴェラブラッドリーとか。

で、ここに来てまたひとつ、展示会で気になるトートバッグに出合いました。ランズエンドのトートです。ランズエンドのトートバッグiconの魅力をご紹介しますね。

■■■目次■■■

【魅力1】確かな縫製と丈夫な仕上がり

【魅力2】定番トートはお手頃価格

【魅力3】刺しゅうでカスタマイズ

【魅力4】返品・交換可能な商品保証

ランズエンドのブランドストーリー

■■■■■■■■

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

ここに惚れた(1)しっかりした縫製で丈夫な仕上がり。

ランズエンドといえば、カジュアルウェア。食メインのサイトを運営しているわたしには関係ないわ~と思っていたのに、なになに、あのワインが入ったキャンバス地のバッグは!

気づいたら、ランズエンドのブースに足を踏み入れていました。

バッグの中央には取り外しのできる仕切りがあって、ワインが2本入っています。

綿100%の生地は分厚くしっかりしていて、手触りは意外とやわらか。底には補強のための布が敷かれ2枚重ねになっています。ワインなどをしっかりとホールドするように出来ているんですね。

名前が入っているけど、なぜ?と思ったら、刺繍が得意なランズエンドならではのデモンストレーション。トートバッグやシャツなどに、好きなイニシャルやマークが入れられるんだそうです。へええ、すごい。

タグもしっかり。縫い目も美しいですね。

しかも、持ち手の部分は返し縫いがされていて、かなり頑丈なつくりです。これならワインの重さにも耐えられそうですね。なんでもランズエンド創業当時は、ヨット用品を手がけていたそうで、耐久性には定評があるのだとか。なるほど、納得です。

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

■■■↑目次に戻る↑■■■

ここに惚れた(2)古びない定番トートは、お手頃価格。

ワインの入ったバッグは企画もので、実はランズエンドには定番トートがありました。シーズンによって柄物トートやハロウィンバッグなどが登場するのですが、変わらない形がこれ。

スモールとミディアムサイズがあって、これはスモール。大きさは、タテ約23cm×ヨコ(底部)約21.5cm。マチ幅は約14cmありますが、ぺたんとさせると上の開口部は約34.5cmになります。

ランズエンド・トート/ナチュラル/オープントップ/ショートハンドル/スモール

ランチボックスやわんこのお散歩バッグなどに良さそうですね。底と持ち手が二重になっていて、型崩れしにくく丈夫にできています。手持ち専用です。スモールのお値段は、税込み2,700円。安い! 

ランズエンド・トート/ナチュラル/オープントップ/レギュラーハンドル/ミディアム

こちらはミディアムサイズ。何も入れていなくても自立します。肩に掛けられる大きさで、タテ約34.5cmxヨコ(底部)約30.5cm。マチ幅は約15cmで、広げると開口部は約43cmになります。外ポケットの他、内側にもポケットが4つあって、キーホルダー付き。A4書類を横にして収納できます。ミディアムのお値段は、税込み3,780円。

スモール、ミディアムともに、抗菌加工されているのが嬉しいですね。どちらもワンポイント刺繍が+500円で入れられます。刺繍で印象ががらっと変わるので、ぜひ入れたいところです。

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

■■■↑目次に戻る↑■■■

ここに惚れた(3)刺繍マークの種類が豊富。自分だけのトートにカスタマイズできる。

その刺繍。シャツに入れられる刺繍マークのほうが断然多いのですが、トートバッグ用の種類もいろいろありますよ。

これはシャツ(メンズ・レディース・キッズ)に入れられるシルエット・モチーフ刺繍の図案。さりげなく入れるとおしゃれですよね。

こんなカラフルなものもあります。(シャツ用)

で、トートバッグ用となると、イニシャル用アルファベット、五味太郎イラスト刺しゅう、LEXUS TEAM SARD コラボ刺しゅう(エンブレム)、盲導犬サポート刺しゅうなどがあります。

これは盲導犬サポート刺繍のガイドドッグイニシャル。好きなアルファベットが入れられます。

盲導犬サポート刺繍というのは、刺繍を入れた商品代金の一部が一般社団法人盲導犬総合支援センターを通じて、盲導犬育成事業のサポートに役立てられるというものです。刺繍はイニシャルが2種類、モチーフが8種類で全10種類。かわいいトイプードルもありました。

見てください。この刺繍のきめの細かさ。オリンピックのユニフォームなどにも使われたバルダン社の高性能ミシンを使っているそうです。シンプルなイニシャル刺繍でも約1200針という緻密さで、専任の刺繍スタッフが1枚1枚丁寧に仕上げているそうですよ。

トートバッグに入れられる刺繍の位置は、中央上部、ポケットのところです。これは、サンプルなのでいろいろ刺繍がしてありますが、基本イニシャルは1文字、モチーフは1個です。

イニシャル刺しゅうの大きさは、タテ約4.5cm × ヨコ約2.0cm~4.9cm。モチーフは絵柄によって変わりますが、大きくても、約5cm×5cmほどです。ワインポイントにちょうどいい大きさですね。

わたしのおすすめは、日本を代表する絵本作家、五味太郎さんのイラスト刺繍。タテ約5cm ×ヨコ約5cmで、トートバッグ用としては「さる・るるる」のサル、ゾウ、ペンギン、ワニ、カメレオンなど7種類が用意されています。とってもかわいいので、ママバッグやおけいこバッグなど親子でおそろいにすると楽しいですね。

ランズエンド LANDS' END

以前は、「ハローキティ」のイニシャルモチーフがあったのですが、現在はなくなっています。残念。でも、ランズエンドトートは、いろんなところとコラボしているので、そのうちまた新しいコラボ刺繍が登場するかもしれません。期待しましょう。

ランズエンド「刺繍でカスタマイズ」ページ icon

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

■■■↑目次に戻る↑■■■

ここに惚れた(4)いつでも返品・交換可能な品質保証が素晴らしい。

刺繍の豊富さにも驚きましたが、もうひとつ驚いたのが品質保証。品物に満足できなかったら、いつでも、どのような理由でも交換・返品できるのだそうです。返品対象の期限がないので、それがたとえ10年後でも!

トートバッグの場合、色や大きさがイメージと違っていたら、購入から30日以内であれば、「楽替」サービスで簡単に交換できます。ネットや電話で連絡し、配達ドライバーが新しい商品を配達した際に、手元の交換品を渡すだけ。返送料などはかかりません。無料交換できるのがいいですよね。(30日以降は、返送料がかかります)

そのほか、刺繍入れがなければ翌日指定配達ができたり、ニュースレター登録で500円クーポンプレゼントがあったり、バースデー特典で誕生日月は1カ月間10%引きになったり…。キャンペーンも随時開催されています。

インターネット販売だからこそ、きめ細かなサービスがそろっているんですね。

ランズエンドのキャンペーンをチェック! icon

ランズエンド LANDS' END レディスファッション

■■■↑目次に戻る↑■■■

だからギフトにも、自分用にも。

ギフトボックス

ランズエンドには専用ギフトボックス(+210円)が用意されているので、イニシャルをいれてプレゼントするのもいいですね。出産祝い、入学祝い、誕生日祝いなど、いい記念になるはず。

自分用に購入するのが早いか、ギフト注文するのが早いか。欲を言えば、もう少し色やサイズの種類があったらいいのだけれど…。

いずれにしても惚れちゃったので、そのうちゲットしますよ。うふふ、楽しみ。そのときは、セールになってお買い得になってるかもしれないので、まずは、アウトレットページをチェックしてから。

ランズエンドのアウトレットページ(バッグ)をチェック! icon

あと、キャンペーンページも要チェック。プレゼント企画や期間限定送料無料キャンペーンなど随時なにかしらやっていますよ。

ランズエンド キャンペーン一覧 icon

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

ランズエンドのブランドヒストリー

ランズエンドは、1963年アメリカ・シカゴ生まれのカジュアルファッションブランド。コピーライターでありヨットマンでもあったゲリー・コマーさんが開いたヨット用品のショップが始まりです。

ヨットやボート関連用品をカタログで販売していくうち、1973年に初のオリジナル商品「ダッフルバッグ」がベストセラーになります。その後、カジュアルウェアを扱うようになり、1980年代に急成長。アメリカ有数のファッション通販ブランドとなり、現在は世界140カ国以上の人々に愛用されています。

日本上陸は、1993年。米国本社100%子会社として日本ランズエンド株式会社が設立されます。翌年、日本語版カタログ第1号を発行。2006年より、日本人体型にあわせた商品が登場し、子ども向けやシューズなども展開。日本独自のサービスとして、翌日配送の「翌着」や試着サービスの「楽替」があります。

ランズエンドのトートバッグはパリ在住の中村江里子さんが愛用されていることでも有名。

(参考:ランズエンドサイト)

ランズエンド LANDS' END

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク