セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

DHCビールとDHC酒造の日本酒

2018年11月1日 更新 2017年5月22日 公開

DHCにビールや日本酒があるってご存じでしたか? 化粧品やサプリメントだけじゃないんですよね。

以前はワインの取り扱いがあってたまに利用していたのですが終了してしまい、残念…と思っていたら、なんとビールと日本酒が登場。イベントで試飲し、サンプルをいただいてすっかりお気に入りになりました。

ちょっと珍しいし美味しいので、贈り物やホームパーティのお取り寄せにも良さそうです。最新の情報と共にご紹介しますね。

■■■目次■■■

【1】DHC酒造の日本酒

【2】DHCビール

【3】お取り寄せやギフトに…

■■■■■■■■

DHC酒造の日本酒

これがDHC酒造の「越乃梅里(こしのばいり)」です。

DHC酒造としては新しいのですが、前身は新潟の小黒酒造で明治41年創業の歴史ある酒蔵です。「越乃梅里」は昭和58年に誕生して以来、数々の賞を受賞しているお酒なんです。

梅が描かれたラベルが越乃梅里の「純米大吟醸」です。ほかに、純米吟醸、特別純米、吟醸とあります。

純米大吟醸を試飲させていただきました。口当たりがよく華やかな香りと芳醇な旨み。後味爽やかでキレがあります。わ〜、ワタシ好みです。

越乃梅里の特別純米酒はワイングラスでおいしい日本酒アワード2016で金賞受賞。2017年には純米吟醸が金賞受賞しています。

2016年に蔵の設備改造をして、1回火入れ、びん貯蔵方式、氷温熟成などを採用。ぐっと品質が向上した証なのでしょうね。

というわけで、越乃梅里をワイングラスでいただいてみました。生ハムやオムレツなどともマッチ。美味しさの幅が広がった感じです。フレンチやイタリアンだからワイン、と決めつけるのはもったいないですね。

イノベーティブなレストランでは日本酒とのペアリングが人気だし、おうちでも日本酒とのマリアージュをもっと楽しみましょう。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

DHCビール

DHCビールは「美味しい」「安心」「飽きのこない」を目指して作られているこだわりのクラフトビールです。

まず、水が違います。DHCビールの工場は富士山の麓、御殿場にあり、富士の雪解け水が豊富にわき出る地なので、その伏流水を100%使って作られているんですね。

原料にもこだわりがあります。酵母はドイツのビール酵母バンクから輸入したものを使い、クラフトビールでは珍しく、酵母の培養を自社で行っているそうですよ。

設備は本場ドイツ製。ドイツの伝統製法で作られたビールはできたてを瓶詰めし、10℃以下での保管・配送を徹底されています。だから、注文すると工場直送のクール便で届くようになっているんですね。

DHCビールのラインナップ

▲ LAGER BEER

赤いラベルは日本人が好む一般的なラガービール。爽やかなホップの香りが生み出すまろやかな味わいとキレのある喉ごしで「アジア・ビアカップ2016」のライトラガー部門で金賞受賞しています。

▲ EXTRA SPECIAL BITTER(アメリカンスタイル)

青いラベルは、苦みとコクのバランスが絶妙なエールビール「エクストラ スペシャル ビター」。トロピカルフルーツやシトラスのような柑橘系のホップの香りを掛け合わせて成熟した味わいに仕上げられています。

▲ GOLDEN MEISTER(無濾過)

DHCラガービールと同じ原料で無濾過タイプの「ゴールデンマイスター」です。酵母を濾過せず、非加熱(生)の状態で瓶詰めされています。ビール本来の旨みとコクが味わえるリッチな味わい。

▲ BLACK LAGER

黒ラベルは本場ドイツの「シュバルツ」製法にこだわったラガータイプの本格黒ビールです。御殿場産の大麦を使用し、シャープな中にもコクのある味になっています。「インターナショナル・ビアカップ2016」のジャーマンスタイル・シュバルツビール部門で銀賞受賞。

DHCビールを試飲

それぞれ特徴のあるDHCビールを試飲させていただきました。

色の違いからもわかるように美味しさもそれぞれで、好みというより料理によって合わせて飲みたい気がしましたね。

ラガービールは飲みやすくなじみのある味わいなので、何にでも合いそうです。ソーセージやじゃがいもグラタン、白身魚の天ぷらなど。

エールビールは苦みとコクがあるので、ガツンと受けられる肉料理がいいかな。スパイシーな唐揚げとか赤ワイン煮込みとか。あとは柑橘系の苦みと合いそうなので鶏肉のレモンソースとか。

ゴールデンマイスターは、ラガービールにコクが加わった感じ。塩豚の煮込み、コロッケなど、これも広範囲に対応してくれそう。

香ばしいロースト感が印象的な黒ビールは、カラメル系の甘辛い味つけが合いそうですね。焼き鳥(たれ)とか、すき焼き、焼き肉など。ビターなチョコレートケーキもいいかも。

それぞれ味の違いが鮮明でわかりやすいので、いろんな料理を並べて飲み比べたい気がしました。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

お取り寄せやギフトに…

ホームパーティーの飲み物というと、ワインがメインでどれを開けようか…などと気をつかうのに対して、ビールはとりあえず用意しておこうぐらいの存在でした。我が家の場合。

でも、DHCのクラフトビールを4種飲んでみて変わりましたね。充分主役になる味わい。何種類か並べて味の違いを楽しみながら料理をつまむっていうのが面白いです。

瓶ビールだから様になるし、氷バケツに入れておいてもオシャレです。

試しに「ゴールデンマイスター」をおでんのときに開けました。

く〜、練り物にもいけますねえ。

ウインナーとブロッコリーのマスタード炒め、ほうれん草とジャガイモのスペイン風オムレツ、にんじんサラダなどともばっちりでしたよ。

ワインもいいけど、ビールもね。夏に向けて出番が増えそう。DHCビールは喉ごしがいいだけではなく旨みもしっかりあるので、1年中楽しめますけどね。

(商品提供:DHC)

■■■↑【目次】に戻る↑■■■