セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

焼きかぼちゃのバニラアイス添え

かぼちゃのオーブン焼き

焼きかぼちゃ

スペイン・バレンシアには、かぼちゃをオーブンで焼いただけの「カラバサ・アサーダ」(Calabaza asada)というデザートがあります。街のマーケットや市場でも売られているほど。日本の焼き芋みたいな感覚でしょうか。よりデザートらしくバニラアイスを添えてみました。

材料

【2〜4人分】

  • 小ぶりのかぼちゃ……1個
  • バニラアイス……1カップ
  • メープルシロップ……大さじ1
  • 飾りのミント……2〜3枚

作り方

焼きかぼちゃ手順

  1. かぼちゃは洗ってラップをし、電子レンジ(600w)で3分ほど加熱する。
  2. 横半分に切り、アルミホイルを敷いたオーブン皿に置き、上からもアルミホイルでふんわりと覆う。
  3. 180度に温めたオーブンで30分ほど焼き、竹串がすっと通るまで柔らかくなったら、上のアルミホイルをはずしてさらに10分、表面に焼き色をつける。
  4. 種をスプーンで除いて切り分け、皿に盛ってバニラアイスを添え、メープルシロップをかける。あればミントを飾る。

ポイント&ヒント

要はオーブンで焼くだけ…

最初に電子レンジで加熱するのは、半分に切りやすくするためです。かぼちゃの大きさによっては、オーブンでの加熱時間を30~60分と加減してください。竹串がすっと通れば大丈夫です。

種を取り除いてから焼いてもいいですが、焼いてからのほうが簡単に取れるのでそのまま焼いています。場合によっては、焼けたカボチャの種の中身も食べられます。(未成熟の小さな種の場合は無理)

バニラアイスと相性抜群!

バニラアイスとかぼちゃ

かぼちゃのプリンやケーキがあるように、かぼちゃと乳製品は相性抜群。焼きかぼちゃにアイスクリームもよく合います。ぐちゃぐちゃと混ぜ合わせれば、即席パンプキンアイスの出来上がり。「目から鱗…」の美味しさです。

メープルシロップがなければ、はちみつでも粉砂糖でも、ペドロヒメネスのような極甘シェリーでも。もちろん、なにもかけなくても大丈夫。オーブンで焼いたかぼちゃは、甘み旨みが増してぐっとおいしくなっています。お好みでどうぞ。

余ったら、おつまみやおかずに転用

焼きカボチャは、単にオーブンで焼いただけのものなので、余ったら料理に使えます。塩をふりかけてお酒のおつまみにしてもいいし、とろけるチーズをのせてチーズ焼き、鶏肉などと合わせてグラタンやシチュー、コロッケやオムレツ、マヨネーズであえてサラダにも。

 

スポンサーリンク

バレンシアの「カラバサ・アサーダ(焼きかぼちゃ)」は…

スペインの焼きかぼちゃ

かぼちゃ(Calabaza)をオーブン(horno)で焼くので「カラバサ・アル・オルノ(Calabaza al horno)」とも言われています。

かぼちゃの品種は、日本とは少し違うようです(NHK「世界ふれあい街歩き」2014年8月放送では、ペピータブランカという種類のかぼちゃと紹介されていました)が、日本カボチャでも西洋カボチャでも、なんでも大丈夫そうです。

オーブンで焼いたかぼちゃに、砂糖やはちみつなどをかけて食べるのが本場流。詳しくはブログ「スペイン庶民生活@バレンシア」の記事「バレンシアの味覚:焼きカボチャ」を参考になさってくださいね。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク