セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

チョリソとインゲン豆の煮込み

スペイン・アストゥリアス風の豆料理

チョリソといんげん豆の煮込み

スペイン・アストゥリアス地方にはインゲン豆とチョリソやモルシージャ、豚バラ肉などを煮込んだ名物料理「ファバーダ(Fabada)」があります。その簡単バージョンです。チョリソからいい出汁がでて深い味わいに。チョリソがなければ、豚バラ肉やベーコンでもおいしく出来ます。

材料

【3〜4人分】

  • 白いんげん豆……1カップ(水に戻して300g)
  • 玉ねぎ……1個
  • チョリソ……2本
  • にんにく……1片
  • パセリ……1枝
  • ローリエ……1枚
  • サフラン……0.2g
  • 塩……少々
  • オリーブオイル……大さじ1

作り方

チョリソと白いんげん豆の煮込み手順

  1. 白いんげん豆は一晩水につけて戻しておく。
  2. 鍋に(1)、くし切りにした玉ねぎ、チョリソを入れて水を注ぎ、にんにく1片、パセリ、ローリエをのせて火にかける。
  3. 沸騰したらあくをとって、アルミホイルなどで落としぶたをして、じっくり弱火で2時間ほど煮る。途中で水が少なくなったら足す。
  4. 豆が柔らかくなったら、パセリとにんにくを取りだし、にんにくはすり潰して鍋にもどす。
  5. すり鉢にサフランを入れてすりつぶし、塩を加え、少量のお湯でのばす。
  6. 鍋に(5)、オリーブオイルを入れ、さらに10~15分ほど煮込んで味をなじませる。
  7. チョリソを切り分け、豆とともに盛りつける。

ポイント&ヒント

長くじっくり煮込みますが、玉ねぎはとろけても、豆はふっくら形を保ち、煮くずれ寸前ぐらいの仕上がりが理想です。とろみをつけたいときは、豆を少量つぶします。

スペインのファバーダは、大きな白いインゲン豆を使います。日本にも輸入食料品店などでは、その水煮が缶詰や瓶詰めで売られていますが、今回はインゲン豆(手亡)を使いました。

豆を煮込むときは、空気にふれさせないようにしてゆっくりと煮込んでいきます。圧力鍋だと早く煮えますが、煮くずれやすいので気をつけましょう。(自分が失敗したもので)

チョリソからいい出汁が出ますが、モルシージャ(血のソーセージ)や豚バラ肉を入れると、さらにスペインらしい味わいになります。

スポンサーリンク

スペインの腸詰め「チョリソ」と「モルシージャ」

チョリソ

▲チョリソ(パプリカがたっぷり入った豚肉の腸詰め)

モルシージャ

▲モルシージャ(morcilla)(豚の血入り腸詰め)

モルシージャの断面

▲モルシージャの中には豚肉や血のほか、米や玉ねぎがぎっしり詰まっている。

モルシージャ

▲モルシージャは見た目によらず、マイルドな味わい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク