セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

フラメンカエッグ

トマトソースに半熟卵が広がるタパス

見た目にも鮮やかなフラメンカエッグは、セビージャの郷土料理です。フラメンコの衣装のように、色あざやかな料理ということで、名付けられたとか。卵は加熱しすぎないよう、ゆるめに仕上げてくださいね。

材料

【1人分】

  • じゃがいも……1個
  • パプリカ……1/2個
  • ロースハム……1枚
  • オリーブオイル……大さじ1
  • 水……1カップ
  • グリーンピース……大さじ山盛り1
  • サルサ・デ・トマテ※……100g
  • ホワイトアスパラガス……2本
  • 塩、こしょう……少々
  • パプリカパウダー……小さじ1/2
  • 卵……1個

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルを入れ、じゃがいもの薄切り、パプリカ、ロースハムの細切りを炒める。
  2. 水を加えて、柔らかくなるまで煮る。
  3. サルサ・デ・トマテ、グリーンピースを入れてさらに5分ほど煮て、塩、こしょう、パプリカパウダーで味をととのえる。
  4. 耐熱皿に(3)を入れ、ホワイトアスパラガスを並べ、卵をおとす。
  5. オーブンで卵が半熟になる程度に加熱する。

ポイント&ヒント

ホワイトアスパラガスは缶詰を利用しています。生の場合はゆでておきます。

サルサ・デ・トマト(基本のトマトソース)がないときは、にんにく(1片)のみじん切りと玉ねぎ(1/2個)の薄切り、トマト(1/2個)のざく切りを一緒に炒め、煮込む際にケチャップ(大さじ2)を入れます。

フラメンカ・エッグ(Huevos a la flamenca)は、フラメンコ・エッグと紹介されることもあります。生ハムとチョリソ入りのフラメンコ・エッグのレシピはこちらを参考にしてくださいね。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク