セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

アボカド・フリートス(天ぷら)

若いアボカドも揚げればほくほく!

アボカドのフリット

天ぷらの語源は、スペイン語のtemplo(tempora)、はたまたポルトガル語のtemperoか? 小麦粉を水の代わりに炭酸水(またはビール)で溶くと、外側がかりっとして中がふんわり揚がります。スペインでは魚介類を揚げることがほとんどですが、日本の精進揚げにならってアボカドを揚げてみました。

材料

  • アボカド……1個
  • 薄力粉……1/2カップ
  • 炭酸水(またはビール)……1/2カップ
  • 揚げ油……適量

作り方

  1. 薄力粉を炭酸水(またはビール)でとき衣を作る。
  2. 1cm厚さに切ったアボカドに衣をつけ、170度の油で揚げる。

ポイント&ヒント

アボカドを切ってはみたものの、ちょっと堅かった・・・というときに天ぷらにするとおいしくいただけます。まるでカマンベールチーズのような食感です。お塩をふって、どうぞ。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク