セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ガスパチョ

スペイン・アンダルシアの冷製トマトスープ

暑い日にはもってこいのスペイン・アンダルシア地方の冷たいトマトスープ「ガスパチョ」です。本来は生トマトだけで作りますが、トマトジュースの力を借りて作ることもできます。夏バテしそうなときは、うきみをたっぷり加えて飲むというより食べてくださいね。口にした瞬間から元気がわいてきます。

材料

  • トマトジュース……1缶(160g)
  • トマト……1個
  • きゅうり……1/2本
  • ピーマン……1/2個
  • にんにく……1/2片
  • 食パン……1/4枚
  • 水……50ml
  • ゆでたまご……1個

<調味料>

  • オリーブオイル……大さじ1
  • ワインビネガー……大さじ1
  • パプリカ……小さじ1/2
  • クミン……少々
  • 塩・こしょう……少々

作り方

  1. トッピング用に、ゆでたまご、トマト、きゅうり、食パンを少量刻んでおく。
  2. 皮をむいたトマト、きゅうり、ピーマンはざく切りにし、食パンはちぎり、にんにく、トマトジュース、オリーブオイル、ワインビネガーを入れてミキサーにかける。
  3. まざったら、水、塩・こしょう、パプリカ、クミンで味を調節して、もう一度ミキサーでかき混ぜる。
  4. 冷蔵庫で冷やした後、お皿に注ぎ、トッピングを飾る。

ポイント&ヒント

うきみは好みで加減しますが、他の料理が多いときは、なくてもいいですね。冷蔵庫でしっかり冷やしてから食卓へ。

にんにくの辛みが気になる方は、にんにくをラップで包み、10秒ほど電子レンジで加熱してから使うと、マイルドになります。

完熟トマトやトマトジュースでも…

ガスパチョの作り方はさまざま、使う野菜の割合や調味料も自由です。味をみながら調味料を加え、自分好みの味をみつけてくださいね。

今回は、生トマトとジュースを使いましたが、生トマトだけ、トマトジュースだけでもガスパチョは作れます。気軽に作ってみてくださいね。

完熟トマトで作るガスパチョ レシピ

トマトジュースを使ったガスパチョ レシピ

スポンサーリンク

ガスパチョいろいろ

ガスパチョといえば、トマトをベースにした冷製スープが一般的ですが、ほかの食材で作るガスパチョもあります。

たとえば、きゅうりの冷製スープ「ソパ・デ・ペピーノ(sopa de pepino)」はきゅうりのガスパチョ、アーモンドで作った「アホ・ブランコ(ajo blanco)」は白いガスパチョと言われています。スペインの冷製スープは、なんでも「ガスパチョ」になってしまうのかも。

また、アンダルシア地方のコルドバにはガスパチョと同じような「サルモレホ(salmorejo)」があります。パンが多めに入ってもったりしたトマトスープです。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク