セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

甘酒をフードコンテナーで作る

2017年11月4日 更新 2017年3月2日 公開

甘酒

米麹で作る本格甘酒。なんだか難しそう〜と敬遠していましたが、「スープジャーでも作れる」と小耳にはさみ、ならば確かめてみようと、サーモスのフードコンテナーで作ってみたら…

やった〜!わたしにもできた〜! しかも簡単。

フードコンテナーで作る甘酒、ご紹介しますね。

■■■目次■■■

【1】用意するもの…米麹、ご飯、温度計、フードコンテナー

【2】作り方…麹入りのお粥を60℃で10時間保温

【3】食べ方…生姜を入れて美味しさアップ

【4】もっと簡単、いきなりフードコンテナで作る

■■■■■■■■

用意するもの…米麹、ご飯、温度計、フードコンテナー

みやここうじ

米麹はこの「みやここうじ」を買ってきました。近所のスーパーにはこれしかなかったんですよ。でも、これでよかった。1袋200gで300円くらいかな。

この袋の裏にも「甘酒」の作り方が書いてありますが、米麹を1袋(200g)使って炊飯器の保温機能で作る方法でした。大量に作る際は参考にするとして、ちょこっと作るときはやはりフードコンテナーです。

砕いた米こうじと温度計

米麹はかたまっていたので、袋の上からもみもみしてほぐして、80g。それから、冷凍にしてあったご飯(80g)を電子レンジでチン♪して温めます。それと、料理用の温度計を用意。

サーモス真空断熱フードコンテナー

そして、これがなくちゃはじまらない、サーモス真空断熱フードコンテナー(0.38リットル)。 広口タイプで魔法瓶と同じ高い保温・保冷力を誇る頼もしいスープジャーです。

■■■↑目次に戻る↑■■■

作り方…麹入りのお粥を60℃で10時間保温

フードコンテナーにお湯を入れる

まず、フードコンテナーにお湯を入れて内側を温めておきます。

お粥を作る

鍋に250mlのお湯とご飯を入れてお粥を作ります。といっても、ご飯がほぐれればいいくらいのさらさらお粥です。

お粥の温度を70℃にする

お粥を70℃まで冷まします。70℃以上で米麹を入れてはいけません。

米麹を入れる

70℃をきったところで、米麹を投入。

米麹を入れたお粥の温度65度

まぜあわせると65℃くらいになりました。

米麹入りお粥をフードコンテナーに入れる

フードコンテナーのお湯を捨て、米麹を加えたお粥を入れます。

フードコンテナーに入れた米麹入りお粥

63℃

この時点で温度を測ってみると、さらに下がって63℃になっていました。60℃ぐらいが適温らしいので、いい感じです。

フードコンテナーの蓋をしてカバーをする

蓋をして、保温効果を高めるためにカバーをします。といっても、フードコンテナー専用のカバーなどはないので、無印の鍋つかみミトンをかぶせました。タオルでくるんだり保冷バッグに入れてもいいかもしれませんね。

そのまま10〜12時間放置します。夜に準備しておけば、翌朝にできあがるというわけです。

■■■↑目次に戻る↑■■■

甘い!生姜を入れておいしさアップ

12時間で甘酒のできあがり

12時間たった状態がこれです。まだほの温かく、全体的にとろんとしています。試しに食べてみると、甘い! 砂糖でも入れたかのような甘さです。

甘酒に生姜

そのままでも美味しいのですが、すり下ろし生姜を少し加えると味が引き締まってわたし好みの甘酒になりました。温めても冷やしても美味しい甘酒の出来上がりです。

サーモス真空断熱フードコンテナで作る甘酒。大成功!いや〜ほんまにできたわ。

フードコンテナーで作る甘酒 レシピ

【材料】

  • 米麹……80g
  • ご飯……80g
  • お湯……250ml

【作り方】

  1. 鍋に250mlのお湯をわかしご飯を入れお粥を作る。
  2. お粥を70℃以下まで下げ米麹を混ぜ合わせ、フードコンテナーにいれて約60℃で10〜12時間保温する。
  3. そのまま、あるいは生姜を入れたり、豆乳で割ったりして飲む。

 

■■■↑目次に戻る↑■■■

もっと簡単、いきなりフードコンテナーで作る

最初は慎重に、お鍋でお粥を作って米麹を入れましたが、温度管理さえしっかりやれば、フードコンテナーでいきなり作ってもいいんじゃない?ってことで、鍋なしで作ってみました。

フードコンテナーで甘酒づくり

まずフードコンテナーにお湯を入れて温めておきます。

次に、フードコンテナーのお湯を捨てて、レンジで温めたほかほかご飯を入れます。そして熱いお湯(200ml)を注ぎます。だいたい七分目ぐらいまで。

ぐるぐるかき混ぜ、温度を計りつつ少量(50mlぐらい)のお湯や水で温度調節しながら、70℃以下になったら米麹を投入。

温度をはかる

米麹を入れると温度が下がりますが、60〜68℃ならOK。60℃以下なら、ちょっとお湯をたして温度を上げておきます。このときは62℃でした。

蓋をして10時間。様子をみたところ、まだちょっと早かったみたいで、お湯を少し足してさらに2〜3時間放置しました。

フードコンテナーでの甘酒完成

すると、同じようにできてるじゃないですか。鍋でお粥にしてつくるのとさほど変わらず甘い!美味しい!

フードコンテナーで作った甘酒

というわけで、いきなりフードコンテナーでも甘酒ができました。もし酸味が出てしまった場合は、重曹を少し入れると解消されるようですよ。

フードコンテナーで作る簡単甘酒、一度お試しくださいね。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク