セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

デメルのソリッドチョコ猫ラベル

2019年9月29日 更新 2017年2月4日 公開

デメルのソリッドチョコ猫ラベル ヘーゼルナッツ

デメルのソリッドチョコ猫ラベルは、その名のとおり、かわいらしい猫のパッケージで、猫の舌がモチーフになったチョコレートです。ご紹介しますね。

■■■目次■■■

【1】猫のパッケージがかわいい

【2】猫の舌のような形のなめらかチョコ

【3】ソリッドチョコ猫ラベルは3種類

【MEMO】デメルとは…

■■■■■■■■

スポンサーリンク

猫のパッケージがかわいい

猫の舌チョコのパッケージ

デメルのソリッドチョコ猫ラベル「LES LANGUES DORÉES」です。猫の舌チョコとも呼ばれていますね。金縁の箱に直接リボンがかかっています。

ロゴ入りのデメルのリボン

箱のサイズはコンパクト。縦9.5cm×横10cm×高さ3cmほどです。リボンは「DEMEL」のロゴ入りです。

金色の舌をもつ猫の絵柄

猫の口元をよく見ると、金の舌がぺろんと出ています。ちょっと不自然な舌の付き方なのですが、猫ちゃんがかわいいので、まあいいか…。

■■■↑目次に戻る↑■■■

猫の舌のような形のなめらかチョコ

チョコレートを包むデメルほ包装紙

蓋をとると、包装紙には双頭の鷲の紋章とデメルのロゴがちりばめられて「どうだ〜!」と言わんばかりです。デメルのシールを外して開きましょう。

整然と並んだ猫の舌チョコレート

すると、整然と並んだチョコレート。小さな箱にこんなにきっちり詰まっているんですよ。

猫の舌がモチーフになっているチョコレート

この形が猫の舌なんでしょうね。やはり 「Demel」のネームが入っています。

パッケージとチョコレート

白い箱はヘーゼルナッツ味。

猫の舌チョコレート

手でつまむと、表面にすぐ指紋がついてしまうほどデリケートです。舌の上でなめらかにとけて、美味しさにうっとり。さすがデメル! ハプスブルク家好みの味がします。(って、わかるのか!)

「デメルを訪れずして、ウィーンを語るなかれ」と言われるほど伝統のある菓子店のチョコレートですからね。さしずめ「デメルを食べずして、チョコレートを語るなかれ」と言ったところでしょうか。

お菓子の都ウィーンが誇る至高の味に、思わずひれ伏したくなります。はは〜ぁ。

■■■↑目次に戻る↑■■■

ソリッドチョコ猫ラベルは3種類

小ぶりなのでプチギフトかな?と思わせておいて、実は伝統ある正統派チョコレートだった…となれば、選んだ人のセンスの良さがしのばれるというもの。さりげなく贈りたいときにいいですね。猫好きな方には、特に喜ばれるんじゃないでしょうか。

猫の舌チョコレート

白い箱のヘーゼルナッツ風味のほか、黄色い箱のスウィートチョコ、薄緑色の箱のミルクチョコがあります。

猫の舌チョコレート

スウィートチョコの色は濃く、ミルクはやや明るいブラウンです。賞味期限は180日。

デメルのソリッドチョコ猫ラベルは、大丸松坂屋などのデパート系ショッピングサイトで販売されています。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

デメル(DEMEL)

デメルのしおり

デメル(DEMEL)は、オーストリアのウィーンにある洋菓子店&カフェ。1786年に誕生したウィーン王室御用達の名店で、シンボルマークにはハプスブルク家の紋章である双頭の鷲が使われている。

ザッハトルテ、アンナトルテ、ジャム、手作りのチョコレートなどが有名。

1988年に上野風月堂と提携して「デメル・ジャパン」(の出資)ができ、日本でも手軽に買えるようになった。

「デメル・ジャパン」公式サイト

■■■↑TOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク