セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

スペイン・ガリシアの高級缶詰「CUCA」

2018年9月10日 更新 2012年7月公開

CUCA缶詰

これ、なんだと思いますか。缶詰なんですよ。素敵なパッケージでしょう? スペイン・ガリシアの高級缶詰め「CUCA(クカ)」の「タコ足のオリーブオイル漬 特選丸缶(Medallones de pulpo en aceite de oliva)」です。

スポンサーリンク

2012年7月、「缶詰博士による缶詰料理ショーとワインのマリアージュセミナー」というイベントで出合いました。

CUCAの缶詰を使ったピンチョスと、それに合うスペインワインを紹介してくれるというので、期待に胸をときめかせ駆けつけたところ、出迎えてくれたのがこのタコ缶で。

もうね、一目惚れ。こんなおしゃれな缶詰があったのか。さすがスペイン!

クカ缶詰

ま、CUCAの缶詰でも、このタコだけが特別だったようで、他の缶詰はロゴ主体の普通っぽいデザインだったんですけどね。

完全無添加で、缶詰臭さがなく、やわらかい!

丸缶のパッケージ

このタコの缶詰自体は平べったい円形。それが四角い箱に入っていて、中央の丸く切り抜かれた窓から、缶に描かれたタコが見えるようになっています。缶の裏表とも同じタコの絵柄というのは珍しいですよね。

タコ足缶とピンチョス

箱から出して、缶を開けてみると、タコの足が一口大に輪切りになってオリーブオイルに浸かっています。内容量は115g。タコだけだと、80gです。少なっ!

いえ、貴重です。1缶1,890円ですから、1個あたり150円ぐらいでしょうか。

ま、カニ缶の世界では、1缶3,000円5,000円当たり前で、1万円の最高級だって出回ってるのですから驚くほどじゃあないですが。

このタコがね、柔らかい。そして缶詰臭さが一切無い。当然、添加物なし。

タコのオリーブオイル漬けは、チーズとプチトマトに挟まれたピンチョスとなって登場したのですが、一口でいただくと、3つの味わいが渾然一体となって得も言えぬおいしさ。なんなの?これ。手が込んだことは何もしていないのに。味わい深さといったら……。ちょっとした感動ものでした。

おしゃれなタコ缶はギフトにぴったり

白ワイン

タコのピンチョスとマリアージュするワインのおすすめは、CAVAでした。合いますね~。あるいは、ガリシアの白「テンペスタード・ゴデーリョ」。スペインの土着品種ゴデーリョは、シーフードとの相性が良いとのことですから、ガリシア同士ばっちりです。

お皿つきギフトセット

▲ CUCA タコ足のオリーブオイル漬 特選丸缶+絵皿セット

ガリシアの缶詰には、やっぱりガリシアの白ワインですよ。贈り物として、ワインと缶詰のセットにしてもいいですよね。と思っていたら、ギフト用として缶詰と絵皿のセットがすでにありました。

スペインの最高級磁器「サルガデロス」とのコラボです。缶詰めと同じ絵柄とはニクイですね。そのままお皿として使ってもいいし、絵皿として飾っておいてもいいし。もちろん、これにガリシアワインをつければ、完璧ギフトです。

このタコ缶、自宅のお取り寄せ用には中身が同じの通常パッケージ「CUCA タコ足のオリーブオイル漬」がありました。

CUCA缶詰で簡単ピンチョス

クカの缶詰

このほか、CUCAの缶詰には、ムール貝のガリシアソース、小帆立のガリシアソース、ヤリイカのオリーブオイル漬け、オイルサーデンなど魚介系が充実しています。

講師である缶詰博士の黒川さんからは、タコのピンチョスのほかに、ムール貝のガリシアンソース味とマテ貝の塩水漬けを使ったピンチョスを教えていただきました。

黒川さんは缶詰博士と名乗るだけあって、世界の缶詰についてはもちろん、缶詰を使った料理にも詳しいのです。「缶詰本」というクッキング本まで出されてるほど。

マテ貝の缶詰とピンチョス

マテ貝の塩水漬けは、薄切りにしたズッキーニをまいて、レモンを添え、チリソースを混ぜたケチャップ付けたピンチョスになりました。

これまた、さわやかで滋味深い1品。白ワインと共に。

だしの出ている水煮スープは、スープやサラダドレッシングに利用できるし、そのまま飲んでもおいしいのです。缶詰博士はレモンをちょっとしぼって、それをちびちび口にしながら、ワインを飲むとおっしゃってました。

ムール貝の缶詰とピンチョス

ムール貝のガリシアンソース味は、クラコットにキウイとレモンを添えて。

ガリシアンソースというのは、トマト、玉ねぎ、ビネガー、パプリカ、黒胡椒、塩で作られていて、見た目ほど濃くはなく、ムール貝本来の味を損なわない程度の味付けです。

これが、キウイやレモンと本当によく合うのですから、驚きでした。味の組み合わせの妙ですね。素晴らしい!缶詰博士!(パチパチパチ)
黒川さんのブログ「缶詰blog」にも、缶詰レシピが載ってます)

このとろりとしたガリシアンソースも絶品で、パンにつけたりパスタや野菜と和えたりして、最後までいただきたいところです。

やりいかの缶詰

ヤリイカも、オイルサーディンも、柔らかでホントおいしかったなあ。

そのままでおつまみになるし、他の食材と組み合わせれば、新しい味の発見にもつながるし、ちょっと缶詰使いを研究してみたくなりましたよ。

ワインのおつまみに迷った時は、CUCAの缶詰が強い味方になってくれそうです。ホームパーティーの手土産としても使えますね。

※今回ご紹介のCUCAの缶詰は、ワインマーケットPARTYのイベント「ワインと缶詰のセミナー」に参加し、試食・購入したものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク