セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

お豆腐ケーク・サレ(枝豆とベーコン)完成!

更新 2011年8月1日 公開

お豆腐ケークサレ

前回のお豆腐ケークサレを改善し、完成しました「枝豆とベーコンのお豆腐ケーク・サレ」決定版。

これなら、持ち寄りパーティー(女子会とでも言いましょうか)に、おもたせ料理として持っていけそうです。

なんてったって、

  • 見た目がきれいで食卓が華やぐ。
  • 豆乳とお豆腐づかいでヘルシー。
  • お総菜ケーキとして食事代わりに食べられる。
  • お茶にもワインやビールにも合う。

ってわけで、いいことずくめ~。

材料は、こんな感じです。

お豆腐ケークサレの材料

枝豆は塩茹でしてさやから出しておいたものを100g。ベーコンは細切り。絹豆腐は塩をまぶしてキッチンペーパーでくるみ1日水切りをして、塩豆腐にしたものです。モッツアレラチーズっぽく使いますよ~。

生地は、薄力粉とベーキングパウダー、豆乳、卵。コクを出すために、マヨネーズ、粉チーズ、おろしにんにくも加えます。

では、作っていきましょう。

卵黄にマヨネーズ

ボウルに卵黄を入れ、泡立て器でかき混ぜながらマヨネーズを加えます。まざったら、豆乳、おろしにんにく、粉チーズと入れていきます。

(卵白を泡立てるのが面倒な場合は、ここで全卵を入れちゃって大丈夫)

薄力粉とあわせる

そこにふるいにかけた薄力粉とベーキングパウダーを入れて、さっくり混ぜ合わせ、最後に卵白を泡立てたメレンゲと合わせて、なめらかな生地にします。

具をいれる

生地に具の枝豆とベーコン(2/3)を混ぜます。

型に流し込んでトッピング

型に流し込んだら、塩豆腐を適当にくずしながら乗せ、残りの枝豆とベーコンを散らして、生地になじむよう軽く押さえます。

オーブンで焼く

180度のオーブンで約35分。お豆腐のケーク・サレ完成で~す♪

焼きたてお豆腐ケークサレ

ベーコンの香ばしい匂いに包まれて、おいしそー。

お豆腐ケークサレの断面

ちょいと味見をしてみましょう。枝豆もベーコンも塩豆腐も存在感がありますね。

断面の拡大

生地自体も、こっくりふっくらしっとり。大豆の上品な味わいに粉チーズのコクが加わって、ボリュームはあるけど、ちっともしつこくありません。うま~い!

お豆腐ケークサレが並んだ食卓

食卓に持って行っても華やかだし、白ワインやビールにも合うお豆腐ケーク・サレ。いつお披露目できるかなあ。誰か女子会誘ってくだサレ。(アレ?ダジャレ?)

お皿に盛って食べる

枝豆とベーコンのお豆腐ケーク・サレ レシピ

【材料】8cm×18cm×6cmパウンド型

<生地>

  • 薄力粉……100g
  • ベーキングパウダー……小さじ1
  • 卵……2個
  • 豆乳……80ml
  • マヨネーズ……大さじ2
  • 粉チーズ……40g
  • にんにくすりおろし……小さじ1/2

<具>

  • 塩豆腐(絹ごし豆腐……150g、塩……小さじ1/2)
  • 塩茹で枝豆(豆のみ)……100g
  • ベーコン……40g

<型>

  • バター、薄力粉……少々

【作り方】

  1. 塩豆腐を作っておく。(絹ごし豆腐全体に塩をふってキッチンペーパーでくるみ、ペーパーを取り替えながら1日かけて水切りしたもの)
  2. 型にバターを薄く塗って、薄力粉をふり、余分な粉はおとしておく。
  3. ベーコンは細切りにする。
  4. ボウルに卵黄を入れ、泡立て器で混ぜながらマヨネーズを加え、豆乳、すり下ろしにんにく、粉チーズを入れる。
  5. 別のボウルで卵白を泡立てる。
  6. 薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら加え、さっくりと混ぜ合わせたら(5)と合わせる。
  7. 2/3の量の枝豆とベーコンを入れ、型に流し込む。
  8. 塩豆腐を大きめに崩しながらのせ、残りの枝豆とベーコンを散らして、180度のオーブンで35分焼く。

※卵白を泡立てるのが面倒な場合は(4)の卵黄を全卵にして作り始めても大丈夫。ややもっちりと仕上がりますが、味に大差はありません。

関連レシピ

お豆腐ケーク・サレ(ハムとコーン)試作

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク