セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

缶つま「アスパラガスの柚子ジャムチーズ焼き」

更新 2011年1月公開

アスパラガスのチーズ焼き

缶詰を使ったおつまみ「缶つま」。

「缶つま デラックス」というレシピ本の中から「アスパラガスとモッツァレラの柚子ジャム焼き」を作ってみました。

白ワインと共に

甘酸っぱい柚子ジャムとチーズがマッチして、白ワインにぴったり。これ、いいわ~。

最初、チーズに柚子ジャム?と意外だったけれど、チーズにジャムを添えてワインのおつまみにしてたりするから、別に不思議でもないんですよねえ。これってバーの店主だからこそのレシピかもしれませんね。

スポンサーリンク

「缶つまデラックス」は缶詰おつまみのヒント集

ほかにも、オイルサーディンに醤油と酒を加えて実山椒をのせるとか、ツナと豆腐ようとあえて、わさびをのせるとか、ほんとに簡単で、でも味のポイントになるスパイスや薬味で、お酒に合うように工夫されているんです。

「簡単だけど、なるほど!」が詰まった酒肴ヒント集。缶詰と調味料の組み合わせの妙にうなりました。

要は

  • 各種チーズを振りかける、和える、焼く。
  • 薬味やスパイス、調味料で味を引き締める。
  • ナッツ、野菜、フルーツのどれか1品と組み合わせる。

すると、あっという間にお酒にあう「缶つま」になるというわけです。

そういえば、以前カクヤスで、缶つまの試食をしたことがありました。それもスパイス使いが絶妙でしたね。

缶詰おつまみ

左がコールドチキンで、やきとり缶(塩味)にレモンのスライスを入れて、ナツメグと黒胡椒で和えたもの。レモンがきいて白ワインに合う~。

右が牛肉の赤ワイン煮で、牛肉の大和煮缶を赤ワインとバターで煮込んで、黒胡椒とピンクペッパーをふりかけたものです。ボリューム感があって、もちろん赤ワインにぴったり。

薄いバゲットでも添えれば、もう立派なおつまみですね。なんだかいろいろ試してみたくなりました。

アスパラガスの柚子ジャムチーズ焼き レシピ

【材料】

  • ホワイトアスパラガス……1缶
  • とろけるチーズ……40g
  • 柚子ジャム……大さじ1
  • 塩、こしょう……少々

【作り方】

  1. アスパラガスを3~4等分に切って耐熱容器に入れる。
  2. とろけるチーズ(モッツァレラ)と柚子ジャムをかけ、塩・こしょうしてオーブントースターで10分焼く。

アスパラガスの柚子ジャムチーズ焼き

ところで、「缶つま」というのは、最初、缶詰を使ったおつまみのことかと思っていたけど、すぐに食べられる缶詰おつまみのことでもあるんですよね。「缶つま」という商品も、今ではすっかり定着しました。

缶詰「缶つま」各種(Amazon)

スペインのタパスでお馴染みの「マッシュルームのアヒージョ」も缶詰になってて、初めて見たときは驚きましたが…。きれいに並べられた四角い缶のオイルサーディンもいいなあ。

備えあれば憂いなし。素材の缶詰だけじゃなく、すぐ食べられる「缶つま」缶もストックしておかなくちゃ。

【関連レシピ】

簡単おつまみ ツナのレモンボート

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク