セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ひとくち焼きりんご

更新 2011年11月24日 公開

一口焼きりんご

レーズン入りのバターを使って焼きりんごを作りました。まるごと焼くと、いかにも「焼きりんご」なわけですが、パーティーの時には、取り分けやすく量が加減できる一口サイズがいいですね。

レーズン入りのバター

通常、焼きりんごを作るときは、バターとレーズンを別々に用意しますが、このレーズン入りバターがあれば、一石二鳥です。

焼く前の一口焼きリンゴ

耐熱皿に、りんごを並べたら、その上にレーズンバターとグラニュー糖、ラム酒をかけて、オーブンで約30分。ラム酒がなければ、ブランデーでもワインでもいいですよねえ。

加熱途中で一度、煮汁を全体にまわしかけ、干しぶどうを均等にのせると、味がよく染みこんで見栄えも良くなります。

焼きリンゴにアイスクリームを添えて

焼きりんごオンリーでもいいけれど、できればバニラアイスやシンプルなケーキを添えて。相乗効果で、どちらもぐっとおいしくなりますよ。

ひとくち焼きりんご レシピ

【材料】2〜4人分

  • りんご……1個
  • レーズン入りバター……20g
  • グラニュー糖……大さじ1
  • ラム酒(またはブランデー)……大さじ2

【作り方】

  1. りんごは皮をむいて、芯を中心に16等分に切り、それをまた半分に切る。
  2. 耐熱皿に(1)を放射状に並べ、上から輪切りにしたレーズン入りバター、グラニュー糖、ラム酒をふりかける。
  3. 180度のオーブンで30分焼く。途中1回煮汁をかけるとよい。

関連レシピ

焼きリンゴ(スペイン料理簡単レシピ集)

 

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク